縄文時代と弥生時代の違いはこれ!生活の様子がこんなに違う!

この記事は約 3 分で読めます。

縄文時代と弥生時代
この2つの時代の違いってなんだろう?

似たような時代で良くわからない、
そんな疑問を持っていませんか?

 

教科書によっては
「2つの時代にさほど違いはない」
なんて書かれていることもありますが、
いえいえ、そんなことはありません。

 

実は生活様式から人間の顔に至るまで、
わかりやすい違いがあるのです。

今回は、
縄文時代と弥生時代の違い
についてご紹介いたします。

スポンサードリンク

縄文時代と弥生時代の違いとは?

縄文時代と弥生時代の違いは、
まずその時代があった時期が異なっています。

縄文時代は、
紀元前1万年ころから、紀元前4世紀ごろまでです。

 

弥生時代は、
その縄文時代後から3世紀後半ごろまでで、
弥生時代の方が、文明がすすんでいます。

jomon

縄文土器と弥生土器

2つの時代、それぞれ縄文土器と、
弥生土器が有名ですが、
この土器には文明の進化を思わせる明確な違いがあります。

 

縄文土器は、
野焼きで低温で焼かれていて、
厚手、縄目模様があります。

そのほとんどが口が広くて深い、
深鉢形と呼ばれる形をしています。

これは、料理の煮炊きに使ったり、
雨水をためるのに都合の良い形だったため
ではないかといわれています。

 

弥生土器は、
野焼きから、土器に土をかぶせて
高温で焼く方法に変わり、
薄手になりました。

さらに、直線や幾何学模様など、
手の込んだ模様が多くあるのが特徴です。

 

弥生土器は、その形が3種類に分けられ、
用途によって使い分けていたとみられています。

  • 壺(つぼ)・・・首が細くて長く、穀物や液体の貯蔵に使用していました。
  • 甕(かめ)・・・口が大きく開いていて深く、縄文土器と同じく、煮炊き用に使用します。
  • 鉢(はち)、高坏(たかつき)・・・浅くて口の広い鉢や、鉢に台のついた高坏は、食べ物の盛り付け用に使用されていました。

この3種類の形に加え、
大小さまざまな大きさがあり、
使用用途によって、
はっきりと使い分けられていたことがうかがえます。

縄文時代と弥生時代の生活の様子

生活の様子にも、違いが表れています。

縄文時代後半には農耕もみられましたが、
生活の中心は狩猟や採集といった、
自然中心のものでした。

 

身分といったものもなく、
岩陰や洞穴などで生活を行っていました。

 

弥生時代になると、
稲作などの農耕生活が中心となっていき、
竪穴式住居を作り、
集団で一か所に定住するようになりました。

 

収穫した稲作などを保存するために
高床式倉庫なども作られ、
「ムラ」「クニ」といった集落が発生しました。

 

集団で生活するにあたって、
大勢をまとめる指導者もあらわれ、
身分の違いもみられるようになり、
クニ同士の争いごとも発生するようになっていきました。

 

3世紀ごろにはあの有名な
「卑弥呼」も登場し、
占いによって、クニを治めていました。

 

二つの時代は、
縄文時代から弥生時代へと文明がすすむに当たり、
その生活の様子に大きな違いがみられるのです。

スポンサードリンク

あなたはどっち?縄文人と弥生人の違い

縄文時代と弥生時代には、
土器や、生活の様子のほかに、
人にも違いがありました。

jomon2

現代の日本人は、
縄文人系の血統と、
弥生人系渡来人の血統の混血が、
日本人の75%を占めていることが分かっています。

 

それぞれ顔や身長に違いがあり、
今でも私たち日本人に受け継がれています。

縄文人と弥生人の特徴

【縄文人】

顔の形は四角く、長方形をしており、
彫も深く、頬骨が小さいのが特徴です。

目が大きく二重で、眉が太く、濃い形をしており、
直線的で、唇が熱く、鼻骨も広く高い構造になっています。

身長は低く、手足指が細く長いのが特徴です。

 

【弥生人】

顔の形は丸く楕円形、彫の深さも平坦で、
頬骨が大きくなっている、
いわゆる「日本人顔」をしています。

目は小さく細く一重をしていて、
眉は細く薄い半円形を描いています。

唇も薄く、鼻骨も狭くて
低い構造をしているのが特徴です。

身長は高く、手足指が太くて短くなっています。

 

現代日本人にも当てはまる点は多く、
顔の造形の特長によって、
縄文人系か弥生人系かを
おおよそで見分けることができます。

 

自分自身と家族・友人などと、
どっち形の顔をしているか
比べてみても面白いかもしれません。



遺跡見学で理解を深めよう!

日本の歴史を学ぶにあたって、
外せないのが縄文時代と弥生時代。

それぞれの時代の違いを理解すると、
私たち日本人が歩んできた、
文明の進化を紐解いていくことができます。

 

狩猟が中心だった縄文時代から発展し、
稲作を始め、クニが作られた弥生時代。

それぞれの時代の遺跡が、
日本の各地から見つかり、
一般公開されています。

 

縄文時代と弥生時代の違いをより理解するために、
遺跡に足を運んでみるのもいいかもしれませんね。

 

縄文時代の遺跡は、
青森県の三内丸山遺跡
鹿児島県の上野原遺跡が有名です。

 

弥生時代の遺跡は、
静岡県の登呂遺跡
佐賀県の吉野ヶ里遺跡がおすすめです。

 

機会があれば、
ぜひ行ってみてくださいね。

スポンサードリンク


コメントを残す