寿司は韓国が起源!それってウソ?ホント?

この記事は約 4 分で読めます。

近年の日本食ブームを支えている「寿司」。

すき焼きなどと共に、
日本食を代表する食べ物で、
海外からの人気も高いですよね。

 

でも、そんな寿司を、
お隣の国で「韓国が起源だ!」と主張しているのをご存知でしょうか?

「え?!寿司は日本料理でしょ?!」って思いますよね?

 

なぜ寿司が韓国起源だと主張されてしまうのか、
今回は寿司の起源についてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

寿司の起源は韓国?!それってほんと?

今現在、世界中で食されている寿司は、
日本の江戸時代に庶民の間で流行したものが元となっています。

283beda574e2423cd570b96ab132d996_s

酢飯の上に、マグロなどの江戸前でとれた生の魚介を乗せた握りずしを、
「江戸前寿司」として屋台で販売したという記録が、
1829年刊「柳多留」に文献として残っています。

 

考案したのは華屋与兵衛とも、
堺屋松五郎とも言われていますが、
江戸の町で考案されたのは間違いありません。

 

じゃあ寿司の起源はやっぱり日本じゃん!
ということになりますね。

 

たしかに、今楽しまれている「握りずし」は日本で開発されたものですが、
その起源はもっともっと歴史の深いものなのです。

 

寿司の起源の奥深くをたどると、
ラオスの山地民ボルネオの焼畑民族の魚肉保存食までたどり着くことができます。

 

その保存食の技術は東南アジアから中国に伝わり、
3世紀から5世紀ごろの文献に
「南方を起源とする外来食」として登場しています。

 

そこから稲作文化と共に、
長江あたりから九州に伝わったのではないかといわれています。

 

日本の寿司としての発祥をたどると、
1千年もの歴史があり、
奈良時代にはすでにその存在が文献として残っています。

 

その時代は今の握りずしの形をしておらず、
腐りやすい魚介を長期保存する方法として、
魚を塩と飯で漬けこんで発酵・熟成させる「なれずし」として食されていました。

 

このころは、漬物のように食べることができる、
発酵食品として食卓に並んでいたようです。

 

時代と共に、酒や酒粕を使って発酵期間の短縮化が図られ、
1600年代から酢を用いたものが見られるようになってきました。

 

寿司に酢を使用する事を考案した人物は不明ですが、
酢の醸造技術の向上とともに、
発酵期間を持たずに酸味を与えられる「早寿司」が誕生し、
やがて主流となっていきました。

 

このように、日本の寿司には確かな歴史があり、
「寿司は日本が起源」と言えます。

 

しかし、なぜ韓国が起源といわれてしまうのでしょうか?

スポンサードリンク

なんで韓国起源説が主張されているの?

寿司の起源は韓国だ!と主張されている背景には、
どんなことがあるのでしょうか?

 

韓国では、「キムパプ」と呼ばれる
日本の太巻き寿司のようなものが食されています。

4a4fef5bb12752c93371fa5c85d3ee08_s

第二次世界大戦時に日本が韓国を植民地化した際に、
「日本がキムパプをまねたのが今の寿司だ!だから寿司は韓国起源だ!」
というのが彼らの主張。

 

さらには「パシプッケという料理を日本が模倣したのが寿司だ!」
という専門家もいます。

 

しかし、キムパプは以前では「ノリマキ」と呼ばれていたとする資料もあり、
第二次世界大戦のはるか前から日本で寿司が作られていたという点で否定されています。

 

パシプッケは生の白身魚の細かい切り身を、
もち米と大量の赤唐辛子粉末で混ぜて数日間発酵させたもので、
見た目はビビンバのような料理。

 

日本の寿司とは似ても似つかない代物のため、
これも否定されています。

 

これほど文献的にもしっかりと寿司の起源が示されているのにもかかわらず、
韓国が寿司の起源と主張するのには、
韓国人の劣等感が原因と見ている専門家もいます。

 

韓国起源説を唱えているのは、なにも日本の寿司だけではありません。

 

以前、「サッカーは韓国が起源だ」と世界中に発信したことで、
大ブーイングを受けたこともある韓国。

 

こうした主張がいつごろから始まったのかは定かではありませんが、
その事柄が世界で人気を博すようになると、
韓国起源説を主張し始めることが多いようです。

 

韓国起源説の大きな特徴は、
他国の起源説とは比較にならないほど対象分野が広く、
また頻度も高く、宣伝活動が世界を意識したもので、
組織的にも大規模、自民族優越主義であることです。

 

そのため文化の発現、革新、発展、継承は無視しており、
事実の誤認、歴史歪曲、捏造が多くあります。

 

インターネットでは、
この韓国起源説を韓国語の「ウリ(我々)」を借りて「ウリジナル」と呼び、
韓国起源説が叫ばれるたびに、
インターネット上の各国間で様々な意見が交わされています。

 

大切なのは、韓国の主張をそのまま信じるのではなく、
きちんとした情報を収集し、
真偽を自ら確認することではないでしょうか。



おわりに

世界の極東にある、島国日本。

島国であるが故、農耕や文字など、
さまざまな文化の起源をたどると、
多くが大陸からやってきたものです。

 

しかし、忘れてはならないのは、
大陸からやってきた文化を受け入れ、
それを独自に進化・発展させ、
世界に誇れるレベルまでに築き上げてきたのは間違いなく日本人なのです。

 

どんな起源説を主張されても、
世界的には「寿司は日本の文化」と認識されています。

 

そんな「寿司」を、
いつまでも海外に誇れるように大切にしていきたいですね。

スポンサードリンク


コメントを残す