ココアの効能とは?ダイエットにひったりの飲み方とは?

この記事は約 4 分で読めます。

寒い季節には温かいココアを
飲みたくなりませんか?

甘くてほっとするココアのおいしさに、
気持ちが安らぎますよね。

でも、ただココアは、
おいしいだけではないんです!

ココアには、女性に嬉しい
さまざまな効能があるってご存知ですか?

今回は、意外と知られていない
ココアの効能をお伝えします。

スポンサードリンク

こんなにあるの?!ココアの効能

11e3ff0e697159d65dba1001e522c59e_s

ココアとは、カカオを粉末状にした飲み物。

カカオが余すところなく使用されているので、
栄養成分がたっぷりと含まれています。

では、ココアの効能には、
どのようなものがあるのかをご紹介します。

①美肌効果
ニキビやシミといった肌トラブルの多くは、
呼吸によって取り込まれた酸素が
酸化して発生する、「活性酸素」が原因として起こります。

ココアには、この「活性酸素」を
取り除く作用がある
「ポリフェノール」が豊富に含まれています。

肌の新陳代謝を高めてくれるので、
シミやニキビの予防にも効果があり、
美しい肌へと導いてくれます。

また、活性酸素は体のいたるところへ
悪影響を及ぼします。

ココアを継続して飲むことで、
活性酸素を取り除き、
毎日の健康へとつなげることができます。

②冷え性改善
冷え性に効果があるといえばショウガが有名ですが、
実はココアには、ショウガ以上に
冷え性に効果があることが分かっています。

ココアには血管を拡張させる成分が含まれているため、
手や足先などの体の末端めで温めてくれます。

さらに、ショウガは飲んだ後
すぐに温まりますが、冷えるのも早く、
あまり持続しないのに対し、
ココアはじっくりと温め、
長い時間その効果が持続します。

起床してすぐは体が冷えています。

朝のコーヒーの代わりにココアを飲むと、
長い時間ポカポカと体が温まります。

③疲労回復・ストレス解消・リラックス効果
カカオには、ほぼカカオからしか取れない
「テオブロミン」という物質が含まれています。

このテオブロミンには抗ストレス作用があり、
香りを楽しんだり飲んだりすることで、
ストレスに対する抵抗力を強くしてくれることが
分かっています。

また、自律神経を調整して、
血圧を安定させてくれるため、
疲労回復の効果もあります。

ココアの香りをかぐと、
ほっとリラックスすることができます。

これは単なる気持ちの問題だけでなく、
科学的な裏付けがあるのです。

④便秘改善
ココアの原料となるカカオには、
カルシウム、鉄分、マグネシウム、
亜鉛などのミネラルがバランスよく含まれています。

食物繊維も豊富なので、
便通を改善してくれます。

特に、「リグニン」という栄養素は、
腸内の善玉菌を増やし、
腸内環境を整えてくれます。

さらに、食物繊維と同様に、
このリグニンも便を大きくしてくれる効果があるため、
毎日の便通を促してくれます。

⑤ダイエット効果
ココアと聞くと、カロリーが
高いイメージがありますよね。

しかし、高カロリーの原因はココアに混ざっている
牛乳や砂糖にあるのであって、
ココア自体はとても低カロリーなのです。

そして、ココアに含まれる
「テオブロミン」は、
脳内物質の「セロトニン」を
サポートする働きがあります。

さらに、このセロトニンには、
なんと食欲を抑える効果があるのです。

さらに、食物繊維も豊富なので腹持ちも良く、
食べすぎを抑えることができます。

まさにダイエットにぴったりですね。

⑥風邪・インフルエンザ・虫歯予防
カカオに含まれるポリフェノールには、
免疫力を向上させてくれる効果があります。

免疫力が向上することにより、
風邪やインフルエンザなどのウイルスに
強い体を作ることができます。

実際に、インフルエンザワクチンを受けた後に、
ココアを飲んでいる人とそうでない人を調べた結果、
ココアを飲んでいた人の方が、
自然免疫力が増していたことが分かっています。

免疫力の向上のほか、
抗菌作用も持っているため、
虫歯菌の増加を抑えてくれる働きがあります。

ただし、虫歯予防に効果があるのは
砂糖などが混ざっていない
「純ココア」に限ります。

いかがですか?
ココアにはこんなにもたくさんの効能があります。

このほかにも、動脈硬化の予防や、
がん予防にも効果があることが
分かってきています。

ココアは古くから薬として
重宝されてきた歴史があります。

その効能には確かなものがあるのです。

スポンサードリンク

 

簡単ココアダイエット!

79af6f85b13a32445b87ee60a9ebfb3c_s

ココアにはダイエットに
有効なさまざまな効果があります。

食欲を抑えてくれる成分や、
便秘解消の効能は、まさにダイエットにぴったりです。

ココアダイエットのやり方はいたってシンプル。

「食前や食間に、1杯のココアを飲む」だけ!

食前に飲むと、適度な満腹感が得られたり、
食欲を抑制してくれるので、
食べすぎを予防してくれます。

間食として飲めば、空腹感を解消してくれ、
余分なカロリー摂取をしなくて済みます。

そして、食後に飲むと、
食事で摂取した余分な脂肪の吸収を
抑えてくれる効果が期待できます。

しかし、その効果を得るためには、
きちんとした飲み方を知ることが大切です。

一般的な純ココアのカロリーは、
大さじ1杯あたり16キロカロリーと、
かなり低カロリー。

しかし、飲み方によっては
一気に高カロリーな飲み物になってしまうので、
注意が必要です。

ココアを、コップ1杯の牛乳200mlで割って飲んだ場合、
1杯134キロカロリーと一気に跳ね上がります。

さらに砂糖を加えると、
どんどん高カロリーになっていきます。

≪ココアダイエットの注意点≫

  1. 飲みすぎは禁物。1日1~2杯まで。
  2. 砂糖や牛乳はなるべく控える。

この2つは必ず守るようにしましょう。

砂糖や牛乳を控えると苦くて飲めないという方は、
砂糖を「オリゴ糖」や「はちみつ」に変えたり、
牛乳を低脂肪に変えるとよいでしょう。

特にはちみつは、砂糖より甘みが強いので、
少ない量でも甘みを感じることができます。

また、はちみつ自体もダイエットに向いた食品のため、
相乗効果が期待できます。

ココアを割る場合、牛乳を少しにして、
残りをお湯にするだけでもカロリーは
グッと抑えることができます。

また、牛乳ではなく、「豆乳」でを使用すると、
大豆イソフラボンや筋肉の生成に必要な
たんぱく質も取ることができるのでお勧めです。

上手な飲み方をすれば、
これほどダイエットに効果的な
飲み物はありません。

ぜひ「ココアダイエット」を試してみて、
その効果を実感してみてください。



 

気になるカフェインは?

ダイエットや美肌など、さまざまな効能があるココア。

そのココアには、もちろんカフェインが含まれています。

夜に飲むと、眠れなくなるのでは?
と考えがちですが、そんなことはありません。

ココアに含まれるカフェインは、
コップ1杯(約150ml)あたり50㎎。

これは一般的なコーヒーの約半分程度です。

成人の男女のカフェイン摂取量の目安は、
1日200~300mgなので、
1日に1~2杯であれば、全く問題はありません。

妊娠中や授乳中は、
1日1杯程度にとどめておけば問題ないでしょう。

子どもの場合でも、
1日1杯にとどめておけば心配はいりません。

何事も飲みすぎは体に良くありません。

ぜひ適切な量を守って、ダイエットに良く、
とてもおいしいココアを楽しんでくださいね。

スポンサードリンク


コメントを残す