デング熱とは?症状や原因は?感染経路や予防は?

この記事は約 2 分で読めます。

2014年1月10日、厚生労働省が、
日本旅行したドイツ人女性が帰国後に、
デング熱を発症したと発表しました。

デング熱?

聞きなれない言葉が、ニュースで流れたので、
すかさずメモりました!

「デング熱」が日本で、感染したのは、
実に60年以上振りなんだそうです。

シンガポールでは、感染例が多いようですが、
もしかしたら、これがきっかけで日本でも、
また発症するかもしてません!

今日は、この「デング熱」について
調査しましたのでご覧ください!

スポンサードリンク

デング熱ってどんな病気?

デング熱はヤブ蚊による感染症で、
発熱や関節痛などの症状が特徴です。

moskiet

 

東南アジアをはじめ
熱帯や亜熱帯の地域で 多く見られます。

特にシンガポールでの患者が多いそうです。

 

日本での感染例は60年以上ないので、
初めて聞いたという人も多いと思います。

 

デング熱の原因は?

急激な都市化地球温暖化が原因なのでは?
と考えられているようです。

デング熱は第二次世界大戦以降、世界的に広まって
1960年代から発生数が、急激に増加しているようです。

 

現在では 110ヶ国以上で、
毎年5,000万~1億人が感染 しているということです。

 

デング熱の症状は?

通常デングウイルスに感染しても、
ほとんど症状が現れません。

症状が出たとしても、
軽度の発熱ぐらだそうです。

 

ごく稀に重症になり、命の危険にさらされることもあるようですが、
あくまで ”稀” ということです。

 

では、デング熱の主な症状を見てみましょう。

  • 発熱
  • 頭痛
  • 筋肉痛
  • 関節痛

などで、はしかに似た皮膚発疹の症状が、
出る場合もあるようです。

 

子供の場合は、 風邪や胃腸炎(嘔吐や下痢)とよく似た症状が、
出る場合もあるようです。

 

デング熱の感染経路は?

主に、ヤブカに刺されることで感染します。

デング熱に感染した人から、メスの蚊が血を吸うと、
蚊の腸の中にウイルスが感染します。

蚊はウイルスから有害な影響を受けないので、
生涯感染したままという事です。

 

その感染した蚊が、また違う人の血を吸うことで、
感染していきます。

 

またデング熱に汚染された、
血液製剤や臓器移植によっても感染します。

輸血でも 10,000回ののうち
1.6~6回感染 すると言われています。

 

その他、妊娠中や出産時に、母親から子供へ感染する場合や、
まれに、人から人へと感染することも報告されているようです。

スポンサードリンク

デング熱の予防方法は?

デングウイルスには、 認可されたワクチンがないということなので
「蚊に刺されないようにする」
という方法しかないということです。

 

その他、蚊を駆除するとか、生息しやすい場所、
特に水たまりを減らすなど ということしかないようですが、
ちょっと難しいですね。



デング熱に感染したらどうする?治療方法は?

予防方法も特にない上に、
特別な治療法もないということです。

治療方法は症状によって異なり

  • 経口もしくは点滴による水分補給
  • 入院して点滴静脈注射や輸血を行う

など様々なようです。

 

現在も、ワクチンの研究やウイルスに、
直接効果のある薬物治療の研究が
進められているということです。

 

今後の研究成果に期待です。

スポンサードリンク


コメントを残す