ドライマウスの症状と原因は?インフルエンザに2倍かかりやすい?

この記事は約 3 分で読めます。

最近やけにのどが渇く!
パンやクッキーなどが食べにくい!
口臭が気になる!

悩んでいませんか?

もしかしたらそれって
ドライマウスかもしれませんよ!

 

ここ最近、ドライマウスの患者数が
急激に増加しているようです。

特に中高年女性に多いようです。

なぜでしょうか?

 

さらにドライマウスになると
正常な人に比べ

2倍インフルエンザにかかりやすい?!

 

今回はほっておくと怖い
ドライマウスについて
症状や原因などを 探ってみました。

では一緒に見ていきましょう!

スポンサードリンク

ドライマウスとは?

ドライマウスとは、 唾液(だえき)の分泌量が少なくなり
口が乾いた状態になる症状です。

ドライマウスの患者数は年々増えていて
現在800万人いると推定されています。

 

「喉が渇く」とか「口臭が気になるわ」と言う人は、
ドライマウスじゃなくてもいますので、
自覚している人も少ないです。

 

なので潜在的には3,000万人ぐらいは、
いるのではないか?と言われています。

スポンサードリンク

 

ドライマウスの症状は?

  • 口がねばつく
  • 口が渇いて食べ物が飲み込みずらい
  • 味が変に感じる
  • 口臭
  • 歯垢が増える
  • 舌がひび割れる
  • 舌が痛い
  • しゃべりづらい

などの自覚症状があります。

どれも唾液の分泌量が減少するからです。

 

唾液はただ消化を助けたりするだけではなくて
抗菌作用自浄作用で口から入ってくる
ウイルスや細菌の侵入を防ぐ役割もあります。

 

なのでドライマウスが進行すると

  • 虫歯や歯周病
  • かぜなどの感染症
  • 胃炎や食道炎
  • 誤嚥性肺炎

などの病気につながっていくようです。

 

 

ドライマウスの原因は?

ドライマウス自体は病気ではないのですが
その他の病気や体の変化が原因で唾液が
減ってしまうことで起こります。

例えば・・・

  • 糖尿病
  • 腎臓疾患
  • 薬の副作用
  • ストレス
  • 老化
  • 噛む力が弱くなった

などです。

 

ドライマウスになりやすいのは
特に中高年の女性です。

 

更年期になると女性ホルモンが、
減少し唾液の分泌量が減ってきます。

さらに更年期になると不安感が強くなるのも原因で、
それを治すために抗うつ剤を飲む場合があります。

 

薬を常用すると、その副作用によって
ドライマウスになるケースもあります。

 

インフルエンザの原因なるってホント?

前の章でも書いたとおり、
唾液の分泌量が減ることで
微生物や細菌、ウィルスが体内に
侵入しやすくなります。

 

ですからドライマウスの人は、
インフルエンザや風邪などの感染症に
かかりやすくなるんだそうです!

2012年の岩渕歯科医師の論文では、
ドライマウスの患者は

通常の約2倍インフルエンザにかかりやすい

というデータが発表されています。



 

最後に

ドライマウスは結構軽視されがちな、
初期症状です。

しかしほって置くと、
深刻な病気に発展する可能性があります。

 

糖尿病や腎臓疾患などの、
違う病気を発症していることも考えられます。

 

症状を感じたら早めに病院で
診断を受けることをオススメします。

スポンサードリンク


1件のコメント

  • 成田美保子

    ここ数カ月痰が切れにくく悩んでいます。耳鼻科では膠原病の一種のものか逆流性食道炎と言われ、ないかに行き食道炎用の薬を飲みましたが、良くなったのは一時でもとにもっどってしまいました。咳払いが多くなって悩んでおります。詳しくご存知の方、色々教えて下さい。

コメントを残す