お茶(日本茶)の種類や特徴は?美味しく入れるコツは高いほど低く?

この記事は約 3 分で読めます。

食事の後、熱~い日本茶飲むと、
なぜかホッとしますね~。

僕は、紅茶伝道師(自称)なので
紅茶をこよなく愛しているのですが、
ホッとしたいときには、なぜか日本茶です。

やっぱり日本人なんですね~

ということで、 今日はお茶について、
種類や特徴をお教えしましょう!

スポンサードリンク

お茶の種類や特徴!結構ありますね~

煎茶

日本で一番飲まれている代表的なお茶ですね!

日光に当て太陽の下で育てたお茶の若葉を
蒸したり炒ったりしてから、 よって細長い形にしたお茶。

 

玉露

直射日光にあてずに作った、
うまみ成分たっぷりの高級茶。

なかなか口に入りません^^

 

抹茶

葉茶を蒸しても、まずにそのまま乾燥させた、
碾茶(てんちゃ)を石臼でひいたお茶。

 

番茶

二番茶、三番茶など、煎茶用の若葉を摘んだ後の
葉から作られるお茶で、お手頃価格が魅力です^^

子供の頃は、砂糖を入れて飲んでましたね~

 

ほうじ茶

煎茶や番茶を強火で炒ったお茶で、
カフェインやタンニンが少ないので、
子供でも美味しく飲めます。

 

玄米茶

蒸した玄米を炒って煎茶に混ぜたお茶です。
香ばしくてさっぱりとした味です。

 

茎茶

煎茶や玉露の製造途中でのぞかれた、
新芽の部分を集めたお茶です。

 

芽茶

煎茶や玉露の製造途中で、
芽の先の部分だけを集めたお茶です。

味も色も濃く出ます。

 

粉茶

煎茶や玉露を作っている過程で
粉になったお茶を集めたもの。

鮮やかな緑色です。

 

結構、種類ありますね?

何種類飲んだことありますか?

お茶を美味しく入れるコツは?

お茶は温度に気を付けて入れると、 美味しくいただけます。

drink_chabashira

コツは高いお茶ほど、お湯はぬるめ。

なるべく時間をかけて、ゆっくり入れる事です。

 

逆に番茶やほうじ茶は、
熱湯を注ぐと香りがよく出ますよ!

 

煎茶は、沸騰したお湯を一度、 湯のみに入れて、
少し冷ましてから、 急須に入れます。

1分ぐらい待ってから、 湯呑のみに注ぎます。

 

最後の一滴まで入れてくださいね!

 

お茶は(値段が)高いほど(温度)低く!

 

まとめ

緑茶にはカテキン、ビタミン、テアニンなどが
含まれていて、さまざまな効用があります!

  • 口臭予防
  • 虫歯予防
  • 整腸作用
  • 疲労回復
  • 抗がん作用
  • 美肌、老化防止

などなど。

 

鎌倉時代に書かれた
『喫茶養生記(きっさようじょうき)』 という書物には

「茶は養生の仙薬なり」
と書かれてあり 昔は、薬として飲まれていたようです。

 

お茶は、美味しいだけじゃなくて
実はとってもヘルシーなんですね!

スポンサードリンク


コメントを残す