花粉症改善になた豆茶!その効果とは?

この記事は約 3 分で読めます。

現在、日本人の約25%が花粉症にかかっていると言われていて、
年々患者数は増え続けています。

そんな花粉症に、
「なた豆茶」が効果的ってご存知ですか?

花粉症の方にぜひ試していただきたい
「なた豆茶」の効果についてお伝えします!

スポンサードリンク

花粉症はなぜ起こる?

花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉が、
鼻や目などの粘膜に接触することにより、
アレルギー反応が起こる病気です。

natane1

人間には、もともとアレルゲンをある程度
ためておくことのできるコップを持っています。

しかし、年月をかけてそこにアレルゲンが
たまっていくと、いつかはあふれてしまいます。

そのあふれた状態がアレルギーの発症した状態です。

 

このコップは人によって大きさが異なるため、
アレルギーの症状は人によって程度も症状も多岐にわたります。

中にはコップを持たずにそのまま排出できる人もいます。

コップからあふれたアレルゲンを、
人間の体は「毒」と認識します。

その毒から自分の体を守る為に、
免疫細胞が過剰に反応し、
何とか体外に排出させようとして、
くしゃみ、鼻水・鼻づまり、目のかゆみを引き起こします。

 

酷い症状になると頭痛や微熱、だるさを感じたり、
呼吸がしにくいことによる睡眠不足や集中力の欠如などの
さまざまな症状が現れます。

つまり、花粉症とは、私たち自身の免疫の暴走によって
引き起こされるのです。

花粉症を改善するためには、
この免疫の暴走を抑える必要があります。

スポンサードリンク

 

なた豆茶の効果とは?

なた豆茶の原料となる「なた豆(刀豆)」は、
古くから「膿取り豆」として、
民間療法に使われてきました。

 

漢方の古い文献などによると、
歯槽膿漏や、蓄膿症、痔ろうといった、
膿ができる病気に効果があることが分かってきたのです。

そのなた豆を煎じて作られた「なた豆茶」には
大きく分けて2つの効能があります。

natane2

≪免疫改善作用≫

なた豆に含まれている「コンカナバリンA」という成分には、
免疫改善作用があります。

花粉症は免疫の暴走によって引き起こります。

「コンカナバリンA」は、
免疫の暴走を止め、
正しく働くように促してくれます。

免疫が正常に働いてくれれば、
花粉を吸いこんでも、くしゃみや鼻水といった
症状を起こさなくなります。

 

さらに、「ウレアーゼ」という成分が
腎臓の機能を促進させることで、
体のリンパにたまった毒素を尿と
一緒に排出させる効果があります。

 

≪抗炎症作用≫

「カナバニン」という成分が、
アレルギーの影響で炎症が起こった患部に
有効に働いてくれます。

炎症を抑えることで、
花粉症の症状の緩和をしてくれます。

こうした免疫機能の改善・向上を行なってくれることから、
なた豆茶は花粉症に有効な効果があるのです。

 

さらに、なた豆茶には食物繊維やポリフェノール、
鉄分・ビタミン・ミネラルなどの栄養もたっぷりと含まれているため、
便秘解消や生活習慣の予防にも効果が期待できます。

 

思わぬトラブルを防ぐために。飲み方の目安

natane3

なた豆茶は花粉症に、「即効で劇的に効く!」

・・・訳ではありません^^

 

その効果を得るためには、
継続して飲み続けることが大切です。

 

なた豆茶は健康茶のため、
その摂取量や期間に決まりはありません。

しかし、人によってはある一定の量以上を摂取すると、
肌トラブルや下痢を起こす場合もありますので、
もし体の不調を覚えたら摂取量を調整しましょう。

 

なた豆茶の効果を得るためには、
一般的に「1日500ml」を「1か月継続」することが基準になります。

この基準から始め、
自分の体質に合わせて量を調節していくのがいいでしょう。

 

また、飲むだけでも充分効果が得られるなた豆茶ですが、
春先などの花粉がきつくなるシーズンには、
「鼻うがい」に使用するのもおすすめです。



 

おいしく花粉症対策

最近インターネットやテレビで
取り上げられて話題となった「なた豆茶」。

香ばしくてすっきりとした味わいは、
温かくても冷めてもおいしくいただけると評判です。

飲みやすくおいしい健康茶として、
季節を問わずに継続して飲むことができます。

インターネットなどで比較的気軽に買うことができますので、
花粉症のつらい時期を乗り切るために、
ぜひ「なた豆茶」を試してみてくださいね。

スポンサードリンク


コメントを残す