熱中症の症状は?予防5つのポイント!対処方法はこれ!

この記事は約 3 分で読めます。

「熱中症」は聞いたことがありますが、
具体的にどんな症状なの?と聞かれると
う~んちょんと説明できない(*^_^*)

 

今年も暑くなりそうなので、
基本的な情報だけでも、 頭に入れとこう!
ということで調べました。

 

見た目でわかる症状や
熱中症にならないための予防方法、
もしなってしまった時の対処方法
などを わかりやすくまとめました!

スポンサードリンク

熱中症って何?症状は?

熱中症は、体温調節がうまくいかず
体内に熱がこもり、体温が異常に上昇して
さまざまな症状が起こる症状です。

natsubate_businessman2

軽度、中度、重度の3段階の症状があります。

 

軽度

  • 目まい
  • 立ちくらみ
  • 筋肉痛、こむらがえり
  • 汗が止まらない

 

中度

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 体がだるい。
  • ぼんやりして力が入らない

 

重度

  • 意識がない
  • けいれん
  • 体温が高い
  • 呼びかけに対し返事がおかしい

 

熱中症になりやすい人はどんな人?

基本的に暑さに弱い人が熱中症になりやすいです。

特に。。。

  • 高齢者や子供
  • 脱水症状の人
  • 体調の悪い人
  • 運動不足の人
  • 肥満の人
  • 暑さに慣れていない人

 

熱中症になりやすいのはどんな日?

ただ暑いだけではなく、湿度も大きく関係します。

  • 暑い時
    25度以上→熱中症の発生!
    30度以上→熱中症による死亡!
    の人が出てくると言われています。
  • 湿度が高い時
  • 日差しが強い時
  • 風が強い時

 

熱中症になりやすいのはどんな場所?

  • 長時間の作業場(野外)
  • 風呂場や機密性の高いマンションなどの最上階
  • 車内(乳児や子供がなりやすい場所です。)

 

毎年、車内に子供だけで放置し事故に
つながるケースが多いですね。

 

自分自身で気をつけるのは、もちろんですが
周りの人も気を配ってあげましょう!

 

熱中症にならない5つの予防方法!

熱中症にならないための
予防5つのポイントを 見てみましょう!

  日陰を味方にしよう!

  • 野外を歩くときは日陰を選んで歩きましょう!
  • 室内はすだれやカーテンなどで直射日光を防ぎ、風通しをよくしましょう!
  • 室温28度、湿度70%を超えないように注意しましょう!(冷房は強すぎると外気温との差が大きくなって、出入りの時に体に負担うをかけます)

  服装に気をつけよう!

  • 吸湿性と通気性に飛んだ。衣服でネクタイを外す。
  • 外出時には帽子や日傘を使用する。

  水分補給はこまめに!

  • 喉の渇きを感じる前に早めに水分補給。
  • アルコールは脱水になりやすいので、適量を守りましょう!さらに水を飲みましょう。 適量とは、ビールで中瓶1本程度、日本酒なら一合程度です。水は適量に対してコップ一杯程度が目安です。
  • 汗を沢山かいたときは、いつ塩分も併せて補給しましょう!

 

  適度に汗をかく習慣を!

発汗機能が正常に働くように、
運動や入浴などで汗をかく習慣をつけましょう。

たまに、暑いのに全然汗が出ない人がいますが、
ああいう人は、どうなってるんでしょう?

 

  体調と服薬の管理を!

  • 一日3食、栄養バランスの良い食事と十分な睡眠を心がけましょう!
  • 持病があり薬を飲んでる人は、暑い場所での活動を減らしましょう!

 

熱中症になってしまった人への対処方法は?

重度の場合は、すぐに救急車を呼んだ方がいいですが、
軽度の場合や応急処置として以下のことを覚えておくといいです!

 

意識がないときは、水分を無理に飲ませると危険です!

また症状が、良くならない場合は、病院へ行きましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す