これって爪の水虫?効果的な市販薬はこれ!

この記事は約 2 分で読めます。

痛みやかゆみはないけれど、
爪の色が悪くなったようで気になる…

それは爪水虫かもしれません。

爪に感染した水虫はとってもしつこいんです。

病院へ行かなきゃ治らないのでしょうか?

よい市販薬はないのでしょうか?

スポンサードリンク

爪水虫とは?

爪の水虫は白癬菌(はくせんきん)というカビの一種
が爪の内部に入り込んだ状態です。

 

爪を白く濁らせますので、
症状としては分かりやすいでしょう。

 

そのまま放置しておくと、黄色そして黒色へ
変色していきます。

 

また、爪が変形し、脆くなって
剥がれてしまう可能性があります。

爪のない足指は力が入らず、
歩行が困難になったりします。

 

そして何よりも家族や周りに白癬菌を
うつしてしまう可能性があるのです。

スポンサードリンク

 

爪水虫の治療によい市販薬は?

爪水虫はとても治りにくい、とされています。

なので、数か月から1年くらいの
長い治療期間を覚悟して取り組みます。

また、爪水虫は飲み薬による治療もありますが、
市販はされていません。

 

塗るタイプの水虫用治療薬は

  • 水溶性クリームタイプ
  • 油性軟膏タイプ
  • 液剤タイプ
  • スプレータイプ

などがあります。

 

ただ、足裏水虫ならば、
好みのタイプのお薬で問題ないのですが、
爪水虫は爪に薬が浸透するタイプでなくては
効果は得られません。

なので、液剤タイプが最適です。

 

どちらも刷毛で爪と爪回り、爪と皮膚の間に塗り込んで使用します。

シャワーやお風呂上りなど角質が柔らかい時に使用するのが効果的です。

使用して少し経つと、特に足指周りの皮膚がむけてしまったり、
状態が悪くなったように見えますが、
これは効果が出ている証拠です。

 

途中でやめずに根気強く続けてください。

また、よくなった!と思ってから、
もう1か月ほど塗り続けるのが完治へのコツ、
となるようです。



 

おわりに

水虫は早期に治療に取り掛かれば1か月くらいで完治できます。

忙しい、などと明日伸ばしにしていると長引いてしまうので、

「アレ?」と思ったら市販薬ですぐに治療に取り掛ってください。

しっかりと治して健康的な素足を取り戻しましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す