ウコンの効果や効能!えっ?害になる場合もあるの?

この記事は約 3 分で読めます。

二日酔いといえば「ウコン」

と、よく耳にしますが、
実際ウコンの何が体にいいのかわからない
って方は多いのでは?

「とりあえずウコン飲んでおけば大丈夫!」ではなく、
しっかりと効能を理解したうえで選びたいものです。

スポンサードリンク

二日酔いだけじゃない!その効能

ウコンは、ショウガ科クルクマ属の植物です。

インドから中国にかけて栽培されていますが、
日本では沖縄県で主に栽培されています。

ウコンが日本へ伝来したのは、
平安時代と考えられており、
古くから健康に良いものとして知られています。

 

私たちが普段よく目にするのは、
「秋ウコン」です。

他にも「春ウコン」や「紫ウコン」がありますが、
含有成分や健康効果が全く違います。

ここでは「秋ウコン」についてその効能をご紹介します。

nomikai_salaryman

≪ウコンの主な効能≫

・肝機能改善、二日酔い防止

秋ウコンの主な成分は、ポチフェノールの一種の「クルクミン」です。

クルクミンは胆汁の分泌を活性化し、肝臓の働きを助けてくれます。

アルコールの分解を行う酵素を助ける働きもあるため、
二日酔いの防止にも効果があります。

二日酔いの原因となる、「アセトアルデヒド」の分解を促進し、
体内に残さないようにしてくれるのです。

 

・コレステロール低減・動脈硬化の予防

ウコンには食物繊維が豊富に含まれています。

この食物繊維には、腸内でコレステロールを吸着して排出させる作用があります。

また、テルペン系の精油成分も含まれているため、血中のコレステロールを分解し、
高血圧・高脂血症を防いでくれる働きもあります。

その結果、コレステロール値を低減させ、
動脈硬化の予防や改善をしてくれるのです。
・活性酸素の除去

活性酸素は、老化や生活習慣を引き起こす
大きな原因と言われています。

ウコンに含まれている「クルクミン」は、
体内に入ると消化酵素によって「テトラヒドロクルクミン」という
強力な抗酸化物質となります。

この「テトラヒドロクルクミン」は、
活性酸素を除去し、体内の酸化(サビ)を予防します。

そのため、肌荒れやシミ・シワの予防にもなります。

 

・健胃作用

ウコンには唾液や胃液の分泌を促し、
胃腸の働きを活発にして消化を助ける作用があります。

食物繊維も豊富に含まれているので、
体内の有害物質を便とともに排出してくれます。

そのため、便秘の解消にも効果があります。

ウコンの健胃作用には、慢性胃炎や胃潰瘍・十二指腸潰瘍などに効果があり、
ピロリ菌を殺す働きもあるといわれています。

 

いかがですか?

ウコンにはこんなにも体に良い効能があるのです。

しかし、ウコンをそのまま摂取しようとすると、
苦みがとても強く、まさに「良薬口に苦し」。

そのため、サプリメントを活用したり、
食品に混ぜると摂取しやすくなります。

 

ウコンは古くから香辛料としても使われており、
食品との相性は非常に良く、
特にカレーにはスパイスとして使用されています。

イースト菌や乳酸菌と一緒に摂取すると、
クルクミンとの相乗効果も期待できるため、
ウコンをカレーに混ぜ、
ヨーグルトとともに摂取するのがお勧めです。

スポンサードリンク

 

ウコンの飲みすぎは危険ってホント?!

virus_fukutsuu

二日酔いだけでなく、
肌のトラブルや胃腸の機能改善にまで効果があるウコン。

しかし、効果が高い分、
過剰な摂取は副作用をもたらす場合があるのをご存知ですか?

 

ウコンの摂取量は、
粉末乾燥のもので1日あたり1.5~3gが目安。

この量を越えて過剰な摂取を続けると、
消化管に障害が出る恐れがあるのです。

 

特に、肝機能障害を患っていいる方は注意が必要です。

 

ウコンには同程度の重さで
牛レバーに相当する鉄分が含まれています。

 

C型慢性肝炎や
非アルコール性脂肪性肝炎などを患っている方の肝臓に、
鉄分が過剰に蓄積された場合に、症状が悪化する事例もあります。

また、子宮を収縮させる作用もあるので、
妊娠中や授乳中、月経過多の方は使用を控えたほうがよいでしょう。

体を冷やす作用もありますので、
冷え性の方にもお勧めできません。

 

ウコンは体にもたらす作用が強いため、
何か持病を持っていたり、健康状態に不安がある方は、
必ず使用前に医師に相談しましょう。

 

ただ、適量を守っていれば副作用の心配はありません。

用法用量を必ず守り、
適切な摂取を心がければ、
大きな効果が期待できます。



 

秋ウコンで飲み会も怖くない?

お花見や忘・新年会シーズンになると飲み会が増え、
胃腸や肝臓への負担が一気に増えます。

翌日の二日酔いが心配で、
なかなか思いっきり飲めない・・・。

なんて方も、もちろんいらっしゃるでしょう。

そこで「秋ウコン」の登場です。

 

二日酔いに効果があるとされる
「クルクミン」が含まれているのは「秋ウコン」。

確実な効能を得るために、
サプリメントやドリンクの表示は、
きちんと確認してから購入しましょう。

 

二日酔いを予防したい場合には、
お酒を飲む1時間前くらいに飲むと、
より効果が得やすいといわれています。

 

これから飲みに行く!という方は、
ぜひ「秋ウコン」を摂取してから臨みましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す