腰痛で足のしびれが!左側?右側?その原因はコレ!

この記事は約 6 分で読めます。

腰が痛い、足にしびれがある。

お尻から太ももにかけて痛みがある

・・・いったいこれは何?

そんな悩みを持っていませんか?

 

実は私も、数年前に右のお尻から太ももにかけての
ひどい痛みに悩んだことがあります。

 

腰痛や下半身のしびれには
様々な病気が隠れていることがあります。

 

症状によって考えられる
腰痛を見ていきましょう。

 

★関連記事⇒腰痛は内臓の病気が原因の場合もある!

スポンサードリンク

あなたはどれ?腰痛の主な原因

youtsu_woman

日本人の国民病といわれるほど、
その症状に悩みを持つ方が多い腰痛。

特に40代~60代の男性よりも
筋肉の少ない女性に起こりやすいと言われています。

 

そんな腰痛の原因は様々なものがあります。

中には「え?!そんなことが?!」というような
意外なことが原因になっている場合もあります。

さらに、他の病気と関連して腰痛が起こる場合があるため、
たった一つの要因で腰痛が起こっていることはまれです。

複数の要因が重ねっている場合、
原因を特定することは難しくなってきます。

【腰痛の主な原因】

≪骨や筋肉の障害による痛み(器質的な痛み)≫

長時間や激しい運動によるものや、
事故などによる衝撃が原因となる痛みです。

この場合は本人に自覚があることが多いので、
比較的原因が特定しやすいものです。

ただ、骨粗しょう症によって骨がもろくなっている場合、
咳やくしゃみをしただけでも起こる可能性があります。

 

≪神経の障害による痛み(神経痛)≫

体の中央には脊髄と呼ばれる1本の太い中枢神経が通っています。

脊髄は背骨に囲まれて脳から腰まで伸びており、
その途中で様々に枝分かれしながら手足に向かって分岐して、
脳からの命令を伝えています。

この神経が何らかの原因で圧迫されたり、
損傷したりして発生するのが神経痛です。

個人差はありますが、
皮膚の表面の近くで「チクチク」、
「ピリピリ」と痛みを感じます。

ひどい場合は、針を刺すような鋭い痛みや、
かなり激しい痛みがおこります。

 

≪精神的ストレスによる痛み(非器質的な痛み)≫

腰痛の中には心の不調が原因で起こるものもあります。

ストレス・不安・鬱などの心理的・社会的要因が、
腰痛を引き起こしている可能性は、
腰痛患者の約85%にも上ります。

こうした腰痛を
「心因性腰痛症」と呼びます。

痛みはあるのに、レントゲンやMRIの画像を見ても異常が見つからない、
明らかな要因が見つからない場合は、
心因性腰痛症と診断されることが多くあります。

病院によっては、「腰痛症」「坐骨神経痛」
という名称で呼ぶこともあります。

 

≪内臓の病気による痛み≫

胃・肝臓・腎臓といった内臓や女性の子宮などの病気の中には、
腰痛が症状の一つとして現れる場合があります。

臓器の周辺に起こった痛みが腰にまで響いたり、
ある部位の痛みを、脳が腰の痛みとして勘違いしたりするためです。

  • 安静にしていても、どんな姿勢をとっても痛みが楽にならない
  • 夜間や就寝中も痛む
  • 腰痛以外に、発熱・寒気・吐き気・嘔吐・だるい・腹痛、排尿や排便に異常があるなどの症状がある。
  • 1週間以上たっても痛みが全く軽くならない、もしくはひどくなる。
  • 空腹時や食後に痛む、食事中は和らぐなど、食事に関連して痛む。
  • 排尿時に痛みがある、血尿が出る。
  • 月経に関連して痛む

 

上記のような症状があり、直接的な腰痛の原因がわからない場合は、
内臓に原因が潜んでいる可能性もあります。

このような症状に自覚のある方は、
速やかに内科的診察を受けましょう。

スポンサードリンク

 

腰痛で足にしびれが!左側?右側?実はこんな病気かも・・・?

body_kotsuban_white

腰痛に伴って、下半身の右、
あるいは左にしびれや違和感がある場合、
こんな病気が考えられます。

 

≪坐骨神経痛≫

  • 下半身(腰から足の裏までの広い範囲)に強い痛みやしびれがある
  • 動かずに安静にしていても痛みやしびれがおさまらない
  • 痛みのせいで長くた立っていたり、座っていることができない

上記のような症状がみられる場合は、
坐骨神経痛が考えられます。

痛みの部位は、腰やお尻、太ももの裏側からつま先にまで至ります。

 

どこが一部分が痛む場合もあれば、
全体がまんべんなく痛いといった場合もあります。

通常は右か左のどちらか一方に症状が現れ、
足の外側にそって痛み、皮膚の表面近くで連続して
激しい痛みが起こるのが特徴です。

 

坐骨神経痛の原因としては、
以下のようなことが考えられます。

  • 筋肉や靭帯の疲労
  • 不安やストレス
  • 腰の冷えや飲酒習慣
  • 長時間の圧迫

他にも、椎間板ヘルニアや腰部脊椎管狭窄症などが原因で、
神経が圧迫されていて発生する場合もあります。

痛みが続く場合は、速やかに医療機関を受診しましょう。

 

≪椎間板ヘルニア≫

  • 足やお尻のしびれ
  • 前かがみになると痛みやしびれが強まる
  • 鈍い鈍痛が慢性的に続く
  • 腰に急な激痛がある

などの症状がある場合は、
椎間板ヘルニアの可能性があります。

 

ぎっくり腰のように急な激痛で始まる「急性型」と、
腰に鈍い痛みがしつこく続く「慢性型」があります。

また、坐骨神経痛も伴うため、
左右どちらかの足の広い範囲にまで痛みやしびれが及びます。

前かがみや中腰の姿勢、
背中を丸めると痛みが強まる場合には注意しましょう。

 

椎間板ヘルニアになりやすい方の特徴には、
以下のものがあります。

  • 20代~50代の男性
  • 姿勢が悪い、前かがみの姿勢が多い
  • 長時間同じ姿勢を取る(立ちっぱなしや座りっぱなし)
  • スポーツ選手やダンサー
  • 何回もぎっくり腰を起こしている
  • 肥満気味や身長が高い人
  • タバコを良く吸う
  • 親兄弟に腰痛持ちの人がいる

これらが複数あてはまる場合には、通常よりも注意が必要です。

 

≪腰部脊柱管狭窄症≫

  • 腰痛のほかに足のしびれや痛みがある
  • 状態を後ろにそらせると痛みやしびれが増し、前かがみになると和らぐ
  • しばらく歩くと痛みやしびれで歩けなくなり、休むと楽になってまた歩けるようになる

腰痛よりも、足のしびれや痛みなどの下半身の異常が
主な症状になります。

 

他にも下半身が冷たく感じたり、
足の裏の感覚がおかしくなったり、
股間が熱くなるといった異常が出る場合もあります。

脊柱管狭窄症は、背中の内側にある「脊柱管」が
何らかの原因によって狭くなり、
中の神経が圧迫されることによってさまざまな障害が発生します。

そのため、夕方や天気が崩れそうなときに痛みが増す、
といったこともあります。

気圧の変化による”血管の収縮”
とも関係があるといわれているのです。

  • 50歳以上の高齢者
  • 生まれつき脊柱管が狭い人
  • 若いころから腰痛持ちの人や、腰のけが・病気を繰り返している人
  • 俳優やアナウンサーなど、日ごろから背筋を伸ばす職業の人
  • ゴルフ好きの中高年

このような方は、脊柱管狭窄症に
なりやすいといわれています。

複数あてはまる場合は注意が必要です。

 

≪腰椎分離症・すべり症≫

  • 腰が疲れる、だるい、重い、鈍い痛みを感じる
  • 腰を後ろにそらせると痛みが強まる
  • 長時間立ち続けたり、激しいスポーツや重労働をすると痛みが強まる
  • 腰の真ん中あたりの骨を押すと痛む

朝起きた時や、何かの動作を始めた時に、
腰の違和感や鈍く重い痛みを感じます。

「なんとなく重い・だるい」
いったところから自覚することが多いようです。

 

腰椎は、椎骨という骨と椎間板という軟骨が積み重なってできており、
「椎間関節」という関節で上下につながって椎骨を支えています。

激しい運動などで腰椎に負担がかかると、
椎間関節にひびが入ったり、
骨折して前後に離れてしまうことがあります。

 

この状態を「腰痛分離症」と呼び、
その分離した状態から椎骨が前のほうにずれてしまうことを
「腰椎分離すべり症」といいます。

そのため、主な症状の他に、
以下のような症状があらわれる場合があります。

  • お尻や足の外側にそってしびれを感じる
  • お尻の筋肉が痛む
  • 背骨が前に曲がったり姿勢が悪くなったり、背中に階段状のくぼみが見られる

腰痛が起こるのは腰の左右どちらかであることが多く、
腰骨の中央あたりを押すと痛むのも特徴的な症状です。

 

症状が起こりやすいのは次にあげる人に多い傾向があります。

  • 20歳以下の成長期(10~14歳)の若者
  • 背中を瞬間的に大きくそるような運動をしている
  • 子どもの頃や学生時代に激しい運動を経験したことがある大人
  • 生まれつき椎間関節が弱い

 

「腰椎分離症」「腰椎分離すべり症」は同時に起こることも多く、
症状の特徴や傾向もほとんど同じです。

子どものころに症状に気が付かず、
大人になって痛みが出たという場合もありますので、
異常を感じたら重症化する前に受診しましょう。

 

≪脊髄腫瘍・脊椎腫瘍≫

  • 腰や背中に「しつこく続く鈍い痛み」がある
  • 痛みのある箇所を押したり叩いたときにも痛む
  • 動かず安静にしていても痛む
  • 手足がしびれたり、感覚が鈍くなる

背骨(脊椎)にできた腫瘍が「脊椎腫瘍」で、
中枢神経である「脊髄」やその周辺組織にできた腫瘍が「脊髄腫瘍」です。

腰や背中、足などの腫瘍ができた箇所に
慢性的なしつこい鈍痛が起こります。

患部を押したり叩いた時にだけ痛んだり、
腰や背中を動かしたときに、
周囲へ痛みが広がることもあります。

安静時や就寝時にも痛みが治まらないことも
特徴的な症状のひとつです。

 

また、神経の近くに腫瘍ができたり、
悪性の腫瘍(ガン)によって脊椎が破壊され、
中枢神経の「脊髄」が腫瘍に圧迫されると、
以下のような症状もあらわれます。

  • 突然の激しい痛み、せきやくしゃみをすると痛みが骨にひびく
  • 手足のしびれやマヒ、坐骨神経痛
  • 手足の感覚が鈍くなる
  • 筋力低下や歩行困難
  • 尿が出にくい、尿が漏れる、頻尿や便秘がある
  • めまいや頭痛がある

腫瘍がどこにできたかによって
あらわれる症状は異なります。

痛む箇所が一定でなく、転々と変わる場合は、
がんが転移を起こしている可能性があるため注意が必要です。

 

腫瘍が良性の場合は進行は遅いのですが、
悪性の場合は進行も早く、
症状が重症化しやすい特徴があります。

少しでも気になる症状がある場合は、
早めに医療機関を受診しましょう。



 

症状が気になったらまず受診を!

いずれも、早期発見が思わぬ重症化を防ぎます。

特に坐骨神経痛は、様々な病気との関連性がある症状です。

病院で診断された後も、
医師の指示に従って継続的に医療機関を受診しましょう。
少しでも不安があれば、とりあえず病院へ。

 

何も異常がなければ安心でき、
ストレスが一つ減りますよ。

★関連記事⇒腰痛は内臓の病気が原因の場合もある!

 

 

スポンサードリンク


コメントを残す