ビオラの育て方のコツ!花が咲かない時は?

この記事は約 3 分で読めます。

ビオラは、ガーデニング初心者にも育てやすく
ちょっとしたスペースがあれば育てられます。

冬から春にかけて開花し、
とてもかわいらしい花を咲かせます。

比較的、長く楽しめますので、
人気があります。

ビオラを育ててみようかな?

と思われている方へ、
ちょっとした育て方のコツや、
花が咲かない場合の対処法などを
まとめましたので、是非、参考にして下さい。

お役にたてれば幸いです。

スポンサードリンク

ビオラの豆知識

簡単にビオラについてお話しましょう!

では、ちょっとした豆知識を^^

[学 名]  Viola x Wittrockiana
[和 名]  ビオラ、パンジー、三色スミレ
[英 名]  Viola、Pansy
[性 状]  一年草(花実は2年目)
[原産地]  欧州 (原種は宿根草)

 

ビオラは豪華な花と言うより
可憐なかわいい感じのお花ですね。

flower_pansy

 

秋の終わりにつぼみを付けて、
冬から初夏にかけて花を咲かせます。

 

花の色も青と、緑以外はすべてありますので、
自分に合ったお好きな色を咲かせることが出来ます。

パンジーと、どっちにしようかな?
悩まれた方もいると思いますが、
ビオラの方が耐寒性もあって丈夫ですし
育て方も比較的簡単ですので、
初めての方にはオススメです!

 

花も長く咲いてくれますし 害虫にも強いです!

なんていい子なんでしょう^^

 

ちょっとしたスペースがあれば、
小さな鉢植えでも充分!

寄え植えやハンギングでも楽しめます。

 

ビオラとパンジーの違いって?

「パンジー・ビオラ」などとひとつの名前のように、
書いているところもあります。

パンジーとビオラは、
”園芸界”では区別されていますが、
実は同じ花なんです。

 

一般的には、花の大きい方(5cm以上)をバンジー

さい方ををビオラ(5cm未満)と呼んでいます。

 

大体3cmぐらいのものが多いですが、
1cmぐらいの、かわいらしい花もあります。

※最近では、その中間の大きさの
パノラというのもあります。

 

ビオラの育て方のコツは?

タネから? 苗から?

どこから育てるかによりますが、
今回は、タネをまいて 一から育てる場合の説明になります。

 ※苗から育てようという方は、後半をご覧ください。

 

スポンサードリンク

タネまき

8月下旬~9月の初旬にまきます。

あまり遅くなると寒くなってしまって
開花が遅くなる場合があります。

発芽する温度は20℃前後ぐらいです。

なるべく風通しのよい日陰に置きましょう。

 

発芽したら、 十分日が当たる場所に移動して下さい。

日光にあたらないと、ひょろひょろになりますよ!

 

苗の植え付け

苗の植え付けは、10月頃がいいでしょう。

寒くなる前に充分根を張らしておくと、
暖かくなったときの生育がよく
花も長期間楽しめます。

 

用土

ビオラは市販の草花用培養土で十分育ちます。

 

水やり

鉢植えの場合は、表面の土が乾いたら、 たっぷり水を上げてください。

 

肥料

ビオラはたくさんの花を咲かせますので
その分、栄養が必要です!

定期的に追肥をしましょう。

花が咲き始めたら月に2~3回液肥か、
緩効性の化成肥料を与えてください

 

害虫駆除

アブラムシが発生したら「オルトラン」を散布してください。

 

☆ポイント
種ができると株が弱って花付が悪くなるので、
咲き終わった花は早めに摘み取りましょう。

 

苗から育てようという方は? 10月を過ぎて涼しくなってから購入してください。
苗を 選ぶポイントは、

  • 株元がしっかりしている
  • わき芽や葉数が多いもの
  • 蕾がたくさんあるもの
  • 病害虫がついていないもの
  • 茎や枝が伸びすぎていないもの

 

花が咲かない場合の対処方法!

大事に育てているのに、
なかなか花が咲かない場合は、
次のことをチェックしてみてください!

 

 

新しい培養土を使いましたか?

庭土などは害虫の卵が残っていたり
病気の菌があったりするので必ず
新しいものを使用してください。

 

 栄養が足りないかもしれません!

化成肥料(草花用)などを苗の周りに
数粒ばらまいてみてください。

その他、花が咲き始めたら
1000倍に薄めた液体肥料を10日に一度ほどあげると
花を咲かせてくれると思います。

葉が伸びすぎていたら切り戻して下さい。
(葉の根元から切って下さい)

葉に栄養が取られているかもしれません。

 

まとめ

今までのポイントを簡単にまとめておきます。

ビオラの育て方は、気をつければ難しいものではありません。

是非、きれいな花を咲かせて下さい。

 

  • タネは、8月下旬~9月上旬にまくと年内に咲くでしょう。
  • 寒さが本格的にくるまでに、植え付けてしっかり根を張らせてください。
  • 芽が出る前は、20度ぐらいの涼しい場所で育てます。
  • 発芽したら、日のよく当たる場所に移して下さい。
  • 花が咲かない場合は、即効性の化学肥料を与えます。
  • 花が咲き始めたら10日に1回ほど液体肥料を与えます。
  • アブラムシがついたら「オルトラン」

 

最後にビオラの花言葉を

・誠実な愛
・信頼
・忠実
・私のことを思ってください
・少女の恋

スポンサードリンク


コメントを残す