一眼レフカメラ周辺機器!おすすめはコレ!

この記事は約 5 分で読めます。

過去に一眼カメラ初心者のおすすめは?ということで
カメラメーカー、機種(モデル)についてお話ししたことがありましたが、

さて今回は、あった方がいい周辺機器についてお話します。

もちろんカメラとレンズがあれば撮影はできますので
絶対ないとダメ!というものではありません。

しかし、あった方が、
カメラやレンズが長持ちしますよ!というものだったり、
より綺麗に撮れますよ!というものです。

おすすめ順にご紹介します!

 

おまけに写真や動画を保存する
SDカードの選び方についても
アドバイスさせていただきますね!

ではご覧ください!

スポンサードリンク

あった方がいい!おすすめの周辺機器は?

1.レンズフィルター

これは、レンズを保護するものです。

 

直接レンズを触ると指紋が付いたり
堅めの布などで拭くとキズがついてショック!

ティッシュでもキズ付く時がありますよ!

 

是非、カメラ購入時に一緒に買って
箱を開けたら真っ先に付けてください。

 

オススメは、Kenkoの「MCプロテクター」です。

レンズのサイズに合ったものを買いましょう。

ニコンのレンズキットに付いてくる
ズームレンズ(18mm-55mm)なら
「52mm」のサイズのものを買ってください。

IMG_1443

IMG_1444
レンズに装着したところ

 

2.カメラケース・バッグ

外へ持ち運ぶときは、あったほうがいいですね!

カメラ用のケースやバックは、
ぶつかっても衝撃を吸収するように
クッションが入っているので安心です。

 

タオルにくるんで普通のバックに入れても
いいんですけどちょっとカッコ悪いですね(^^ゞ

 

さて何を買ったらいいのかなんですが。。。

これは、色々な種類があるので
結構迷うんですが 僕が初めて買った時は
Wズームキットが丁度納まる程度の
小さめのバックタイプのものを買いました。

HAKUBA ショルダーバッグ L フォトランドブロスカメラバッグS 4.1L ブラック SPL-BSS-BK

その後、レンズが増えたので
もうふたまわり大きいサイズの物を 買い足しました。

 

他にもカメラの形のものや リュック型
プロっぽいアルミケースなどもありますので
この辺は予算&お好みで!

 

ただ、レンズフィルターやブロアーなど
小物を入れるポケットがあったほうが便利ですよ。

 

3.カメラ用防湿庫・ドライボックス

カメラって結構湿気に弱いんですよ。

梅雨のない北海道などの地域に住んでいる人はいいのですが
本州に住んでいる人は持っていたほうがいいですね。

 

カビが生えます!

カメラ本体やレンズの中にカビが付くんです。

カビが付くと自分では除去が難しいので
修理に出すしかありません。

 

そうなる前に使わないときは
防湿庫ドライボックスに保管しておいた方がいいです。

 

カメラを始めたばかりの人は
防湿庫まで立派なのはいらないので
ドライボックスを一つ購入しておきましょう!

 

おすすめはHAKUBAのドライボックス

カメラ1台とレンズ2本なら5.5Lのもので十分入ります。

1,000円~1,500円ぐらいで買えます。

HAKUBA ドライボックスNEO 5.5L スモーク KMC-39

 

4.クリーニングキット・掃除道具

レンズを交換する時に本体にほこりなどが
入ってしまう場合があります。

特に運動会などの砂ぼこりが
舞うところでは危険です!

 

ほこりが入ってしまうと写真に映ったり
故障の原因にもなりますので、
せめてほこりを飛ばす「ブロワー」ぐらいは
あった方がいいですね。

HAKUBA ブロアープロCP KMC-32
ブロワー(HUKUBA)

 

それから レンズの手入れなんですが、
できればその辺の布では拭かないでください。

 

ガラスクリーナーで。。。
なんてのはもってのほかです!

 

キズが付くのもそうなんですが、
どうしても拭きムラができてしまうんです。

それを消そうと何度も拭いているうちに、
拭きムラが消えなくなったレンズを数本持っています。

 

レンズを拭くときは、ちゃんとした道具でちゃんとした手順でクリーニングする

必要があります。

素人ではなかなか難しいです。

 

なので カメラを買ったときにすぐにレンズフィルターを付けてください!
と言ったのです。

フィルターなら傷ついてもたかだか
1,000円ちょっとですからね。

スポンサードリンク

もうちょっと専門的にやってみたいという人は、
ニコンから「ニコンクリーニングキットプロ」という セットが出ています。

これはクリーニングキットだけではなく
プロのサービスマンが、正しいクリーニングの仕方を
動画で実演しているCDが付いてきます。

 

本格的にやってみたい方は
購入してみてはいかがでしょう?

ニコン ニコンクリーニングキットプロ ニコンクリ-ニングキツトプロ

 

5.三脚

三脚の登場回数ってそんなに多くはないんですが
とくにこんな時に必須です!

  • 集合写真を撮るとき
  • 明るさが足りない部屋で撮るとき
  • 風景写真を撮るとき
  • 料理写真やオークションの商品を撮るとき

どれも画像がブレないために使います。

シャッターを押すだけでもブレますからね。

 

最近のズームレンズは、ほとんど手ブレ補正が付いていますが
ちょっと暗いところだとシャッタースピードが、遅くなるので
どうしてもブレるんです。

 

三脚もピンキリですが、エントリーモデルのカメラは
そんなに重量がないので、アルミ製の安いものでもいいです。

HAKUBA 4段三脚 W-312

 

ただ、あまり高く伸ばせないものがあるので
背の高い人は、全高を確かめてください。

 

6.フラッシュ・スピードライト

NikonやCanonでは、
外付けのフラッシュまたはストロボの事を
「スピードライト」と言います。

IMG_1448

カメラにもフラッシュは付いているのですが、
いかにもフラッシュ焚きました
という写真になってイマイチなんです。

コンデジで撮ったのと大差なくなります(^^ゞ

 

スピードライトを付けると
フラッシュの光がやわらかいので
プロっぽい色が出せるんですね~。

 

肌の色も綺麗に出ますね。

 

写真のようにフラッシュの向きを変えて
白い壁などに一度、バウンスさせることで
直接的ではない、さらにやわらかい
色を出すこともできます。

余裕ができたら是非!

 

さらに世界が広がりますよ~^^

 

とまぁ、ほとんどあった方がいいのですが、
少なくてもレンズフィルターは付けてほしいですね。

他は必要になってからでもいいです。

 

最後にもう一つ、カメラ買ったら
SDカードは絶対に必要ですね!

このSDカードも色々種類があるのですが
何買ったらいいの?というお話を。。。

 



SDカードの選びかた

SDカードですが最近は容量(保存できるサイズ)が、
大きなものも安く買えるようになってきました。

東芝 SDHCカード class10 UHS-1 8GB [SD-K008GR7AR30] (海外パッケージ品) [PC]

4GB以上のサイズの大きなものは
「SDHC」と書いてあります。

 

まず容量。 16GBや32GBなどの
大容量のものもありますが、
僕のおすすめは4GB8GBです。

 

なぜかというと SDカードってある日突然
壊れるんです!

僕は何度か経験しました。

 

大きなサイズのSDカードって
まだいっぱい入るや~と思って つい入れっぱなしで
撮りだめしてしまうんですね~。

 

それである日、認識しなくなってさよならです(-_-メ)

もしかして僕だけですかね(^^ゞ

 

それから僕は4GBか8GBのサイズのものを
何枚か買ってちょこちょこ入れ替えて使うようにしています。

 

次に「Class」というのが書いてあると思います。

これは転送速度のことで
数字が大きい方が早いです。

 

写真を撮っているときは、ほぼ感じませんが
動画撮影するときに転送速度が遅いと
撮影途中で動画が切れる場合があります。

 

動画撮るかも?という人は、
少なくても「Class6」以上を買ってください。

 

最近のカメラは動画機能が
標準で付いていますけど
これって必要かな?って思います。

 

カメラはカメラ、ビデオはビデオでいいじゃないか!
その分安くしてくれと思うのは僕だけでしょうか^^

 

では今回はこの辺で!

ご質問がある方は、お気軽に!

スポンサードリンク


コメントを残す