仏滅の結婚式は費用が安いだけじゃない!メリットとデメリットも紹介

この記事は約 4 分で読めます。

人生に一度の結婚式。

一生に残るような素敵な結婚式にしたいですよね。

でも、結婚式の費用は悩みどころ・・・なるべく費用を抑えたいものですよね。

少しでも費用を抑えるために、最近では仏滅に結婚式をするカップルも増えているようです。

 

でも、「仏滅に結婚式をしたら非常識かしら・・・?」なんて、少し引っかかることもありますよね。

では仏滅での結婚式の費用やメリットとデメリットをご紹介します。

スポンサードリンク

仏滅に結婚式を挙げてもいいの?

b5ed3f5e56b2ea8be4dadbfb116562c4_s

「仏滅」とは、「六曜」での日付の数え方の一つです。

 

先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の順に繰り返され、
仏滅はすべてのことが凶の日として、
結婚式をするには、日取りが良くないとされています。

  • 先勝は、先手必勝の吉日。
  • 友引は災いがともに及ぶ日。
  • 先負は、先んずは負けの小吉日。
  • 仏滅は、すべてが空しく終わる日。
  • 大安は、万事すべてにおいて吉の日。
  • 赤口は、朝夕は凶の日。

と、それぞれに意味があります。

 

仏滅の「仏」とは、もともとは「物」の字が使われており、
仏教とは関係がありません。

 

その登場は室町時代、陰陽道の時間を
占うためのものとして使用されていました。

「当たるも八卦、当たらぬも八卦」の言葉通り、
その占いは迷信のようなもの。

 

星座占いや血液型占いと同様に、
気にしてもあまり意味がない程度のものです。

 

むしろ、解釈によっては、
「物がいったん滅び、新たに始まる日」として
大安よりも縁起がいいとされることもあります。

 

つまり、結婚式を挙げる二人が気にしないのであれば、
仏滅に結婚式を挙げても問題はないのです!

スポンサードリンク

これが仏滅結婚式のメリットとデメリットだ!

34ab1e2c752ff323f868f8af02f1b15a_s

少し前は仏滅に結婚式を挙げることは非常識とされていました。

年配の方ほど、式の日取りを気にされる方が多い傾向にあります。

そんな仏滅結婚式のメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

仏滅結婚式のメリット

1、費用が安い

結婚式の人気の日取りはやはり「大安」。

大安の日の結婚式に比べると、その費用はグッと安くなります。

結婚式場によっても異なりますが、だいたい10%~20%費用が安くなる傾向があります。

 

2、会場にゆとりがある

仏滅の結婚式は避けられる傾向にあるため、
当日の式場に自分たちだけだった、
というカップルも多いようです。

親族の控室や更衣室などを自分たちだけで使え、
他のカップルの結婚式を気にする必要がないのは大きな利点です。

  • 「結婚式が30分以上伸びても式場から何も言われなかった」、
  • 「料理をあわただしく出されず、式の進行に合わせて出してもらえた」

など、ゆったりと使える場合が多いようです。

 

また、プロ司会者や、プロジェクターなどの会場設備、
当日のスタッフにも余裕があるため、
より充実したサービスを受けやすい傾向にあるようです。

 

3、予約がとりやすい

ジューンブライドや大安吉日の日取りの場合、
希望の日にちや式場の予約が取れない場合があります。

この式場の予約でつまづくカップルも多いため、
この予約のしやすさも大きな利点です。

「記念日」という名目があれば、
あえて仏滅に結婚式を挙げる名目にもなりますね。

 

仏滅結婚式のデメリット

1、周囲の反応が悪い

結婚式を挙げる当人たちが気にしなくても、
日取りを気にする方はいます。

仏滅に結婚式を挙げることに難色を示す方が、
親や親族にいらっしゃる場合は、
避けた方が良いかもしれません。

 

「安く済ませたんだな・・・」、「非常識だ」
などと思われる可能性はゼロではありません。

 

そう思われないためにも、料理や引き出物など、
よりグレードを上げるなどの気遣いが必要になります。

一般的に避けられている日取りで結婚式を行うということは、
それだけ周囲に何かを言われる、ということを覚悟した方がよいかもしれません。

 

何かしらの記念日など、その日である必要があることを説明できれば、
仏滅結婚式の名目は立ちやすくなります。

 

2、後々の気がかりになる

結婚式後、何か悪いことがあるたび、
「仏滅に結婚式を挙げたからだ・・・」
なんてことを思うことがあるかもしれません。

実際に、仏滅に結婚式を挙げたカップルで、
後々になって気にしてしまうという方がいらっしゃるようです。

 

大安に式を挙げたからといって、
何事もないわけではありませんので、
こればかりは気持ちの問題が大きいでしょう。

また、本人よりも、
周囲から「仏滅なんかに結婚式をするからだ」
といわれることもあるようです。

 

後々後悔したくない場合は、
仏滅は避けた方がよいかもしれません。

 

仏滅の結婚式にはメリットもデメリットもあります。

 

費用が安いからという理由だけで、
安易に決定してしまうのは少々危険です。

よくよく検討してから日取りを決めましょう。



大切なのは招待される側の気持ち

結婚式は、自分たちのためだけに行うものではありません。

大切なのは、「招待される側の気持ちを考える」ことです。

 

どんなに日取りがよくても、
ゴールデンウィークやクリスマス、
バレンタインやホワイトデーに招待されたいものでしょうか?

 

招待する側もされる側も、
気持ちの良い結婚式にすることを第一に考えましょう。

仏滅の結婚式を考えている方は、
親や親族にまず相談してみましょう。

難色を示す方が多くいれば避けるべきですし、
特に気にしない方が多いのであれば、
その日に行っても良いでしょう。

 

いずれも、式当日や後々に不満が出ない
良い結婚式にすることを心がけて頑張ってみてください。

スポンサードリンク


コメントを残す