洗濯物を叩く理由とは?布団はダメなの?!

この記事は約 3 分で読めます。

毎日のお洗濯、
あなたはどうやって干していますか?

洗濯物を干すときは、
パンパンとしっかり叩いて干すのよ!
なんて、教わったものです。

でも、なぜ洗濯物を叩くのでしょうか?

教わったからやっているだけで、
意外と理由ってご存知ないのではないでしょうか?

 

今回は、洗濯物を叩いて干す理由をご紹介いたします。

スポンサードリンク

洗濯物は叩いて干す!その理由は?

天気のいい日に、いつものように洗濯物を干そうとして、
「いけない!洗濯物干していたら遅刻する!」
となったときがありました。

いつもであればパンパンと叩いて干すのですが、
「時間がないから、干すだけ干そう!」ということで、
めちゃくちゃ適当に干したんですね。

それはもう、吊るすだけという感じで。

 

洗濯機から取り出す→そのまま干す!

といった流れで出かけました。

 

用事を済ませて帰ってくると、
なんとそこには、
しわしわくちゃくちゃの状態で乾いた洗濯物が・・・!

 

「えー!なにこれ!」って叫びましたが、
まぁ自分が悪いということで、
その後一生懸命しわを伸ばしながらたたみましたが、
挫折しました・・・。

 

しわくちゃになったまま乾いた洗濯物って、
とっても頑固なしわができてしまうんですね。

結局洗いなおして、
きちんと叩いて干す羽目になりました。

 

そうなんです、実は、洗濯物を叩いて干すのには、
「しわを伸ばすため」という理由があったのです!

88610fce995f254c548c47ab607c4604_s

衣類がぬれているときは、
洋服の繊維が緩んだ状態になっています。

そこへ、洗濯機の脱水で水分が飛ばされると、
圧縮され、繊維が波打った、
しわしわの状態になります。

 

その状態のまま乾いてしまうと、
繊維は元の均等な状態に戻ることができず、
あの頑固なしわになってしまうのです。

恥ずかしい話、
私は全く知りませんでした。

 

洗濯物はとりあえず叩いて干すもの!
としか知らず、理由は知りませんでした。

 

洗濯物がまだ濡れた状態の時に、
叩いて繊維を伸ばしてあげることで、
乾いた後はアイロンがいらないほどに、
しわのない状態で取り込むことができます。

 

時間がないときは、
強めに2、3回降ってあげるだけでもいいそうですよ。

 

知っていたら降るだけでもやっていったのに・・・
なんて後悔は置いておいて、
洗濯物を干すときのしわを防ぐポイントをまとめてみました。

1、叩いて表面のしわを伸ばす

手のひら全体で両側から衣類をはさみ、強めに叩きます。

 

2、引っ張って、縫い目などの縮みを緩和

襟は広げて、両端を左右それぞれの手で持って、横にピーンと何度か引っ張りましょう。

袖や脇なども同じ要領で引っ張ります。

ただし、Tシャツなど、伸びやすい生地の場合はほどほどにしておきましょう。

 

3、降ることで、洗濯機による絡まりを解消

衣類の端を両手で持って、上から下へ大きく降りさばいて、全体のしわを取ります。

 

4、洗濯が終わったら、すぐに洗濯機から取り出して、手早く干す

しわを残さないためにはスピードが肝心です。

洗濯物がぬれている間に干しましょう。

スポンサードリンク

布団は叩いてはいけないってホント?!

画像のファイル名:f8e7456b26d25c8bd84493233f443367_s.jpg

洗濯物を干すときに叩くのは、
しわを伸ばすためですが、
そういえば布団を干した時にも叩きますよね?

 

布団を干した時に叩く理由は、
「ほこりを取り除くため」というのが一番の理由かと思います。

 

しかし!

実は「布団は叩いてはいけない」って知っていますか?

f8e7456b26d25c8bd84493233f443367_s

叩けば叩くほど、
布団についたダニやほこりを払えると思いがちですが、
本当は叩いてもまったく効果はないのです。

 

それどころか、力強くたたいてしまうと、
布団の中綿を痛めてしまい、
型崩れを起こす結果にもなります。

し、知らなかった!

 

今までこれでもかというほど叩いていましたよ。

では、いったい布団はどう干すのが正しいのでしょうか?

布団の正しい干し方を見てみましょう。

 

  1. 湿気の多い時間帯は避け、10時~14時の間で干す
  2. 直射日光が生地を傷めてしまうので、シーツやカバーはつけたまま干す
  3. 布団たたきは横に滑らせて使い、ほこりを落とす
  4. 裏表、同じ時間ずつ干す
  5. 干し終わったら、掃除機でほこりを吸う

なるほど、叩けばいいってものじゃないんですね。

 

ちなみに、布団を干した後のあの
「お日様のにおい」の正体ですが、
以前は「ダニの死骸の臭い」といわれていましたが、
その話はデマだそうですよ。

ちょっと安心ですね。



おわりに

洗濯物の正しい干し方って、
お母さんから教わることが多いかと思いますが、
理由まではちゃんと知らなかった!
という方もいらっしゃるとおもいます。

「え!ちゃんと教えたはずよ!」
なんてお母様方から言われてしまいそうですが・・・。

 

「洗濯物を叩いて干すのは、しわを伸ばすためなんだよ」と、
今度は子供に教えてあげたいですね。

干すときのひと手間が、
その後のアイロンの手間を減らしてくれるので、
忙しくても、洗濯物はパンパンと叩いて干すようにしたいですね。

スポンサードリンク


コメントを残す