男性の礼服とスーツの違い!冠婚葬祭ではどっちを着る?

この記事は約 3 分で読めます。

礼服とスーツの違いって知ってました?

先日、甥っ子に聞かれて「おや?」って思ったんです。

私の認識では、
お葬式は礼服で、友達の結婚式はスーツ。
身内なら礼服かな?という程度でした。

・・・で、
気になったので調べてみたワケです^^

ではみてみましょう!

スポンサードリンク

そもそも礼服とは?

「礼服」を着る場面といえば、
身内の結婚式か、お葬式を思い浮かべますよね?

スーツとは違う重い感じの
昔は”背広”と言っていたヤツです^^

「ブラックフォーマル」とも呼びます。

 

この礼服は実は「略礼服」と言って
「正装」とは違います。

 

結婚式やお葬式では略礼服で問題ないのですが、
ちょっと高級なパーティーで、
「正装で」という指定があった場合は、
ブラックフォーマルで行くと場違いになってしまいます。

 

というか顔から火が出るほど、
超恥ずかしい思いをしますよ(*^^*;)

じゃあ礼服の正装って何なの?

礼服の正装には4種類あります。
格式の高い順番に並べると

  1. 燕尾服(えんびふく)
  2. モーニングコート
  3. タキシード
  4. ブラックフォーマル

という順になります。

 

燕尾服

燕尾服(えんびふく)を着る機会は、

  • 公式の晩餐会で「ホワイトタイ」の指定があった時
  • オーケストラで指揮をする時
  • 社交ダンスの時
  • 勲章を貰う時、持っている時
  • 格式高い結婚式の新郎になった場合

などまぁ一般の方はめったに着る機会は無いでしょう^^

もし着るような事があってもレンタルですね^^

 

モーニングコート

モーニングコートもあまり着る機会がない礼服ですね。

よく内閣発足の時に階段で大臣の皆さんが着ている
後ろが長くて丸くなってる礼服です。←説明雑^^

モーニングは、格式高い結婚式や葬式の時にも着ますね。

 

入学式や卒業式で校長先生学長が着ているのも
モーニングコートです。

結婚式の新郎新婦の父も着ています。

あなたが着るとしたらそんなときです。

これもほとんどがレンタルでいいでしょう。

 

タキシード

タキシードはパーティーの招待状に
「ブラックタイで・・・」と指定があった場合に
着ていきます。

ちょっと気取った感じのパーティーや
クラシックのコンサートなんかにも着ていきます。

最近の結婚式では新郎が、
ロングタキシードを着ているのもよく見かけますね。

 

ブラックフォーマル

ブラックフォーマルは、一般的に一番良く着る礼服ですね。
身内の結婚式、お葬式に来ます。

成人になったら必ず一着は持っておきましょう。

スポンサードリンク

礼服とスーツの違いは?

で、礼服とスーツの違いなんですが
大きく3つあります!

  • 素材
  • デザイン

色は並べてみると一目瞭然!
同じ黒でも黒の深さ、重々しさが違います。

 

これは素材の違いにもよりますが、
礼服はウールで、スーツはポリエステルが
使われている事が多いですね。

 

デザインはブラックフォーマルとは、
あまり変わりないですが、
燕尾服やモーニングとは明らかに違います^^

まぁ当たり前ですね。

 

あと礼服は落ち着いたデザインが多く
カジュアルなものは無いですね。



まとめ

礼服とスーツの違いについて
まとめてみましたがいかがですか?

成人の男性はブラックフォーマル、
いわゆる礼服は一着は持っておくのが
常識だと思いますが、買うときに
ひとつ気をつけたほうがいいことがあります。

それは「光沢」です。

 

礼服を着る時って、普通なら
結婚式よりお葬式の方が多いと思いますが、
光沢のあるものは失礼に当たりますので
気をつけたいところです。

 

光沢のあるものってあまりないとは思いますが、
「これって葬式にも着れるかな?」
考えて購入すると間違いがないですね。

スポンサードリンク


コメントを残す