結婚式の費用の平均って?人数別の予算例まとめ!

この記事は約 3 分で読めます。

これから愛する人との結婚を予定されている方!
おめでとうございます!

二人の生活を夢見て、
幸せな毎日を送られていることでしょう。

でもその前に「結婚式」という一大イベントが、
待っていますね。

花嫁さんにとっては、
夢にまで見たウェディングドレスを
お披露目する日なのですが、

ウェディングカタログを
見てばかりはいられません。

 

決めることがたくさんあるし、
親や親戚も「あーだ、こーだ」と口を挟んでくるでしょう^^

愛する二人とはいえ、
結婚式のイメージや希望が同じとは限りません!

これからの幸せな生活に水を差すことのないように、
きちんと話し合うことが必要です。

まずは、一般的な「結婚式にかかる費用」について考えましょう。

スポンサードリンク

貯金はどのくらい必要なの?

一昔前は、地域により結婚にまつわる習慣も
大きく違っていました。

でも、昨今はそんな風習は、
縮小傾向にあるといわれています。

 

若いカップルは、たくさんある情報の中から
自分たちに合ったスタイルや好み
見つけて実現しているのでしょう。

 

そんな中で結婚式費用の平均は、
300万から350万円、

招待客の平均は70~80人ということです。

 

「どうしよう、貯金0円です」
なんてカップルもいるかもしれませんね。

couple

もちろん費用全額が必要なわけではありません

ご招待した方々からのご祝儀が見込めます。

 

でも、ご祝儀で全て賄うという訳にはいかないでしょうし、
新婚旅行やこれからの新生活にもお金が必要です。

 

お互いが、最低100万円ずつ貯めておくとベストです。

 

共有の結婚式通帳を作って、
毎月決まった額を貯金し合う、
という方もいるそうですね。

スポンサードリンク

 

結婚式場選びでも費用は変わってくる

式場はどこも同じようなもの
とお考えかもしれませんが、
意外と費用を左右するようです。

hirouen

●ホテルウェディング・・・平均330万円

ホテルの格式により、料金が大きく変わってしまいますが、
充実した設備と交通アクセスの良さ、
また、少人数ウェディングから大披露宴まで
さまざまなスタイルに応じてくれます。

 

●ハウスウェディング・・・平均370万円

一軒家を貸し切るゲストハウスウェディング。

プライベート感にあふれ、
会場内の空間をアレンジすれば、
アットホームなおもてなしが実現します。

 

●結婚式専門式場・・・・・平均306万円

チャペルや神殿といった施設から、
大小さまざまなパーティー会場
レストランが揃っています。

結婚式のノウハウが豊富なので、
細やかな提案や配慮が受けられます。

 

※平均金額は平均招待客70~80人の場合です。

 

少人数の結婚式スタイル

結婚式を2人だけで行いたいと希望する方や、
両家の家族だけでこじんまりと、
という少人数スタイルも根強い人気があります。

やはり招待人数によって費用は大きく変わりますので、
アットホームな少人数の結婚式スタイルをご紹介します。

kekkon

●二人だけの結婚式・・・平均10~20万円(教会での挙式のみ)

教会での挙式のみの結婚式です。
レストランで食事をセットというケースもあります。

 

●両親と新郎新婦の結婚式・・・平均20万~35万円

両親と兄弟姉妹だけなので10名以内となるでしょう。
挙式と食事会のセットが主なスタイルです。

 

●両家の家族とリゾートウェディング・・・国内平均20万~34万円、海外平均35万~70万円

リゾートウェディングの場合、新郎新婦と、両親、
兄弟姉妹と祖父母までのケースが一般的で、
10名前後。

国内リゾート地として、軽井沢那須高原北海道沖縄など。
海外リゾート地は、新婚旅行を兼ねるケースが多いいようで、ハワイが人気です。

 

●親族と親しい友人だけの結婚式・・・平均50万~200万円

親族と親しい友人のみだと、40名前後になります。
気心の知れたアットホームな式を望む方が多いようです。



時代によって結婚式も変わっていく!

「一生一度の晴れ舞台]

ちょっと古臭い言葉で恐縮ですが、
人生の一大イベントであることは今も昔も変わらずです。

そんな結婚式にも紆余曲折がありました。

 

バブルの頃の「派手婚」は、すごかった!

花嫁さんは何度もお色直しをするので、
ほとんど席に居なかったし、

ゴンドラで上から登場、
スモークの中から登場(もちろん一般人です)

なんてさまざまな式を見てきました。

 

バブルが弾けてしまうと、いきなり「ジミ婚」という言葉が登場。

 

1日限りの式にお金をかけず、
その後の新生活を充実させよう、という

ごもっともな考え方で新婚旅行や披露宴を省略、

という新しいスタイルが出現しました。

 

ただし親親族からは歓迎しない、
という意見もチラホラ。

 

そんな時代を経ながら、
結婚式は「共有婚」(シェアド婚)へと進化しているそうです。

招待客が新郎新婦と一緒に披露宴を楽しみ、
幸せをシェアする参加型とのことで、

披露宴の準備段階から友人が手伝ったり、
出席者がサプライズ映像を企画するなど、
式自体をみんなで楽しむのだそうです。

 

頭の痛い面倒なこともたくさんある結婚式準備ですが、
その1日が一生の素敵な想い出になりますように。

スポンサードリンク


コメントを残す