ピース又吉の火花が2015芥川賞受賞!お笑い芸人で初!賞金の使い道は?

この記事は約 3 分で読めます。

快挙!2015年7月16日、
お笑いコンビ、ピースの又吉直樹(35)さんが
第153回の芥川賞(日本文学進行会主催)を受賞しました!

お笑い芸人が、芥川賞を受賞するのは初めて!

もう一人の受賞者は羽田圭介さんで、
「スクラップ・アンド・ビルド」

受賞した感想や賞金の使い道
又吉さんの喜びの会見もまとめました!

スポンサードリンク

受賞した感想は?

「めっちゃうれしいです」
「正直自信はなかった。ゼロでした」

受賞の電話をホテルオークラで
マネジャー、担当編集者とで聞いたようです。

 

「電話で「おめでとうございます」と言われて、手が震えました」
又吉さんは語っています。

「大好きな作家さんがたくさん受賞していて、そこに自分がいるのは、まだ実感がない」

 

受賞に関しては、
「候補にしていただいた時、自信はなかった。ゼロです。
今日なんか朝から緊張してた。どっかには期待してた部分があったのかもしれない。」

これだけ前評判が良かったので、
期待はしていたでしょうね^^

 

又吉の好きな太宰治さえも受賞できなかった事に関して、
「テレビで『太宰が好き』とか勝手に言うたびに申し訳なくて、
そのたびに三鷹にお墓参りに行っている。
自分のことは報告するつもりはない。『大好きです』という気持ちを伝えたい」。

と、言っています。

しかし、実におめでたいです!

スポンサードリンク

賞金は何に使う?

芥川賞の賞金は100万円!

人気者の又吉さんにとっては、
多い金額ではないでしょうが
これは名誉なので金額ではないでしょう。

又吉さんは
「ありがたいお金なので、貯金するよりは使った方がいい。
行ったことのない国のごはんとか食べに行きたい。
誰と? 一緒に住んでいる後輩パンサー向井、
ジューシーズ児玉ですかね。

綾部は好き嫌い激しいので、
食べたことないもの食べないと思う。」

と語っています。

 

相方の綾部祐二さんからは「(借りている)2万円は返さなくていいよね」
祝福メールが来そうで、

又吉さんは「ちゃんと返してもらおうと思います」と言っていました。

 

でも賞金は、お祝いでパッとなくなってしまうんでしょうね。

審査員の評価は?

又吉さんの「火花」は、1回目の投票でもトップだったということで、
文句なく圧倒的だったようです。

審査員は全員で9名(小川洋子、奥泉光、川上弘美、島田雅彦、高樹のぶ子、堀江敏幸、宮本輝、村上龍、山田詠美)

その代表で会見した、山田詠美さんは、
「どうしても書かざるを得ない切実なものが迫ってくる。
欠点も多々あるが、何か強いものを感じて、
主人公と先輩とのまさに火花がよく書けていた」

と評価しています。

 

その他の選考委員からは
「1行1行にとてもコストがかかっている」
という評価もあったそうです。

 

ちなみに芥川賞は、
審査員の山田詠美さんや、
又吉が尊敬する太宰治も受賞できませんでした。

初作品で受賞するなんて本当凄いことですよね!

山田詠美さんも
「又吉君うらやましい」
祝福していました。

 

※山田詠美さんは、第97回(昭和62年・上半期)『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』で直木賞を受賞しています。



今後の作家活動は?

今後もお笑いをやりながら、作家活動も行っていくそうで、

「今まで通り芸人100。それ以外の時間で書く姿勢は、崩さないでいこうと思う。
それがどちらにとってもいい。お笑いで表現できないことが、
どっかで小説に残ってて、文章を書く時の1歩目になったりする。」

と又吉さんは言っています。
次回作を期待されてプレッシャーもあるでしょうが、
今後とも又吉さんらしい作品を期待しています。

 

このブログでは、

芥川賞や直木賞の違いとは?賞金はいくら貰えるの?
という記事もありますので、合わせてお読みください!

スポンサードリンク


コメントを残す