ASEAN(アセアン)とは?簡単に説明!日本は加盟してる?

この記事は約 2 分で読めます。

お父さん「アセアン」って何?

と聞かれて困ってませんか?

 

苦し紛れに
「教科書見たら書いてあるだろう!ちゃんと勉強しなさい!」
と言うのは簡単ですが、子供はすぐに見抜きます!

(あ~お父さん知らないんだ)と。

スポンサードリンク

そこでさらっと答えてあげたらかっこいいんですがね~

台所で聞いている奥さんも
(お、ウチのお父さん頭いい!)と
今晩のおかずが一品増えますよ^^

man_surprise

さて今日はこのASEANについて
子供にも簡単にわかるように3分でご説明しましょう!

これでお父さんの威厳も保てますよ!

 

ASEANとは一体何なの?

ASEAN(アセアン)は、
東南アジア諸国連合(とうなんアジアしょこくれんごう)のことです。

 

英語で書くと
Association of South‐East Asian Nations」となり
この頭文字を取ってASEANと言っています。

 

ASEANが設立されたのは1967年です。
「バンコク宣言」によって設立されました。

 

「バンコク宣言」とは?

加盟ししている国同士で経済・社会・文化・技術・科学の発展や問題解決のために
協力、助け合って一緒に成長していきましょう!という決まりごとが書かれています。

 

バンコク宣言を作ったのは?

当初の加盟国だった5ヵ国の代表です。

  • インドネシア政務大臣兼外務大臣
  • マレーシア副総理大臣
  • フィリピン外務長官
  • シンガポール外務大臣
  • タイ外務大臣

 

現在の加盟国は?

1967年8月8日に設立した時

  • インドネシア
  • マレーシア
  • フィリピン
  • シンガポール
  • タイ

5か国でしたが

その後

  • 1984年1月8日にブルネイ
  • 1995年7月28日にベトナム
  • 1997年7月23日にミャンマーラオス
  • 1999年4月30日にカンボジア

が加盟して現在は10ヵ国になっています。

 

何をしてるの?

本部があるインドネシアのジャカルタや加盟国に
各国の首相や外務大臣、経済担当閣僚が集まって
毎年、経済発展や技術協力などの話し合いをしています。

 

現在は加盟国10ヵ国だけではなくて
加盟国以外の国々とも話し合いの場を設けています。

お陰で加盟している国々の
経済発展は大変目覚ましいものがあります。

スポンサードリンク

日本は加盟してる?

日本は東南アジアではないので加盟していません
1997年からは、日本、中国、韓国の3カ国の首脳も
定例的に会合に参加しています。

「ASEAN+3」という名前が付いています。

 

日本は、ASEANと交流を深め2013年には40周年を迎えました。
経済や技術の支援を毎年行っています。

 

2015年にはASEAN統合をにらんだ
域内のインフラ整備に総額2千億円規模の支援をする予定です。

日本は借金だらけなのにね!

 

それだけ
日本の経済発展にはASEANはとても重要
ということなんでしょう。

 

どうですお父さん!
子供に説明できそうですか?

スポンサードリンク


コメントを残す