赤ちゃんの乾燥肌!スキンケアのコツって何?

この記事は約 4 分で読めます。

もちもちぷるぷるのイメージがある
「赤ちゃん肌」

「私も赤ちゃん肌になりたーい!」と
望む女性は多いはず。

しかし、赤ちゃんの肌は大人以上に
スキンケアが必要だってこと、ご存知ですか?

特に、乾燥には注意が必要なんです。

今回は、赤ちゃんの乾燥肌のスキンケア
についてご紹介します!

スポンサードリンク

赤ちゃんの肌は乾燥しやすい?!

人間の皮膚は、ほこりや雑菌などの外部の刺激の侵入を
ガードする役割を持っています。

赤ちゃんの肌は、
まだそのガード機能が未発達です。

一般的に、赤ちゃんの肌は常にぷるぷるツヤツヤ!と
いうイメージがありますが、実はそうではないのです。

baby1

産まれてすぐのころから
3歳くらいまでの赤ちゃんのほとんどが、
「乳児湿疹」と呼ばれる何らかの肌トラブルを
経験するといわれています。

 

皮膚の厚さは、
大人ではラップ1枚だといわれていますが、
赤ちゃんの場合はその半分ほどの厚さしかありません。

さらに、皮脂量は大人の半分以下、
水分量は3分の2以下と、
外部のちょっとした刺激でも
非常に影響を受けやすくなっているのです。

 

生まれてすぐは皮脂量が多く、
比較的すべすべしている肌も、
生後3か月を過ぎると、
皮脂の分泌が減少し、
カサカサと乾燥しやすくなります。

 

温度変化や、触れる機会の多いママの服など、
大人では何でもないようなことでも、
大きな刺激となってしまいます。

 

乾燥肌は、ぷつぷつした湿疹、カサつきなど、
さまざまな肌トラブルの原因となりますので、
3か月を過ぎたら、
こまめなスキンケアが必須になります。

 

3歳までのスキンケアが、
その後の肌の状態の一生を左右するとも
言われています。

将来の美肌を保つためにも、
赤ちゃんのうちからしっかりと
スキンケアしてあげたいですね。

 

スキンケアの基本は2つ。

  1. しっかりと洗ってあげる
  2. しっかりと保湿してあげる

この二つを意識しましょう。

スポンサードリンク

赤ちゃんのスキンケア!お風呂でしっかりと洗ってあげよう

赤ちゃんはとても汗っかきです。

小さな体でも、汗を出す汗腺の数は大人と一緒のため、
たっぷりと汗をかきます。

特に夏場は、汗をかいた後に放置すると、
あせもの原因になります。

baby2

毎日お風呂に入れ、
全身を洗ってあげることが大切になります。

 

夏場は1日2回でもOK。

ただし、皮脂を落としすぎるのは
乾燥肌の原因になりますので、
石鹸を使うのは1日1回のみにとどめておきましょう。

 

お風呂のコツ

1、お湯の温度はぬるめの38度~39度

お湯の温度が40度を超えると、
皮脂が落ちやすくなり、
乾燥肌の原因となります。

長風呂も
肌の水分が失われる原因となりますので、
避けましょう。

 

2、髪の毛から洗う

シャンプーが背中や首に残っていると、
それが刺激となり、湿疹・炎症の原因となります。

髪の毛を1番先に洗い、顔、体と、
石鹸残りがないようにします。

 

3、やさしく洗ってあげる

きれいにしたいからと言って、
ごしごしこするのはNG。

赤ちゃんの肌は、
全身が顔のようなもの。

石鹸やベビーソープをしっかりと泡立てて、
手を使って、優しくなでるように洗ってあげましょう。

 

4、細かいところまで洗ってあげる

頭や顔、体はもちろん、
首のしわや脇、手足のくびれ部分など、
細かいところまで洗ってあげます。

顔も、目や耳、鼻・口に入らないように
注意しながら、石鹸で洗ってあげます。

 

毎日のお風呂タイムは、
赤ちゃんの全身の肌の状態をチェックできる
チャンスです。

 

やさしく触れながら、
カサカサしていないか、
湿疹はないかなどを観察してあげましょう。

 

石鹸は、大人用のものは刺激が強いので避け、
赤ちゃん用のものを使用しましょう。

乾燥肌を防ぐ!しっかりと保湿してあげよう

baby3

乾燥肌を防ぐためには、
しっかりと保湿してあげることが大切です。

とはいえ、効率よく保湿するためには、
どのようなことが大切になるのでしょうか?

保湿のポイント

1、保湿のタイミングを大切に

効率よく保湿するタイミングは、

  • お風呂の後
  • 汗やよだれを拭いたあと
  • 食事で口周りを拭いたあと
  • おむつ替えや着替えの時

などです。

 

特に、常におむつをつけているお尻は、
おむつかぶれしないように、
ベビーパウダーなどを適宜つけてあげるようにしましょう。

1日の内に、こまめに保湿してあげることが大切です。

 

2、その子に合った保湿剤を選ぶ

保湿剤には、水分の多いローションタイプと、
油分の多いクリームやオイルタイプ、
水分・油分を両方含む乳液タイプがあります。

 

赤ちゃんの肌は、水分と油分の両方が少ないので、
乳液タイプがおすすめです。

とはいえ、乾燥肌の子、油分の多い子など、
その子によって肌の状態もそれぞれなので、
肌の状態に合わせた保湿剤を選びましょう。

 

おすすめなのは「ワセリン」です。

余計なものが入っておらず、
少量ならば口に入っても安全なので、
皮膚科の先生も勧めているそうです。

ただ、大人用の「白色ワセリン」は、
伸ばしづらく、服に付くと落ちない為、
赤ちゃん用に作られたワセリンがいいでしょう。

 

値段も手ごろなので、
乾燥しやすい秋冬には、
ワセリンを塗ってあげましょう。



やりすぎは禁物!正しくスキンケアをしよう

赤ちゃんの肌トラブルは、
カサカサしていたり、
ぷつぷつしていたりと、
見ていてもちょっとかわいそうに
なってしまいますよね。

 

しかし、このような「乳児湿疹」は、
赤ちゃんにはつきもの。

あまり神経質になり過ぎるのも
良くありません。

 

心配になって皮膚科にかかっても、
特に薬は処方されず、
「様子をみて、ひどくなったらまた来てください」
と言われてしまうことも多くあります。

 

また、スキンケアのやりすぎで、
かえって悪化させてしまうことも・・・。

 

多少のカサつきや湿疹は、
自宅でしっかりとスキンケアして
様子を見れば充分でしょう。

 

もし、赤みが増したり、
見た目が傷のように痛そうになった場合は、
皮膚科を受診して、
適切な治療を受けるようにしましょう。

 

赤ちゃんは自分で訴えることができない分、
私たち親が、毎日観察してあげることが大切です。

毎日チェックして、
乾燥肌のスキンケアを
正しく行っていきたいですね。

スポンサードリンク


コメントを残す