読書感想文の書き方の極意!書き出しはコレだ!(小学生編)

この記事は約 2 分で読めます。

母「もうすぐ夏休み終わっちゃうけど読書感想文は書いたの?」
子「あっ、まだ書いてない」

夏休みも残りわずかとなりましたが
親子のこんな会話が聞こえてきそうですね^^

 

最後まで残ってしまいがちな夏の宿題「読書感想文」
お子さんの悩みどころはズバリ「書き出し」なのです。

今日は読書感想文の書き出しについて
お母さんからお子さんにアドバイスができるように
ちょっとしたコツをお教えしますね。

スポンサードリンク

まず今年の課題図書をチェックしましょう!

まず、当たり前ですが
読書感想文を書くには本を読まなければいけません。

本を読むことが好きなお母さんも
苦手なお母さんも
お子さんと楽しみながら一緒に読んでみるのがいいです。

 

お母さんも本を読むことで
「こんな風に書いたらいんじゃない?」
というアドバイスができますからね!

でも、何を読んでいいのか分からないという
お母さんには、今年の小学生向けの課題図書を
チェックしてみることをオススメします。

Print

[低学年]

  • あした あさって しあさって
  • かあさんのしっぽっぽ
  • クレヨンからのおねがい!
  • はこぶ

 

[中学年]

  • かぐやのかご
  • パオズになったおひなさま
  • お話きかせてクリストフ
  • ぼくはうちゅうじん

[高学年]

  • ぼくのひかり色の絵の具
  • ぼくとテスの秘密の七日間
  • ちいさなちいさな-めにみえないびせいぶつのせかい
  • レジェンド!葛西紀明選手と下川ジャンプ少年団ものがたり

 

本選びは、お子さんが興味を持ち
これだ!と直感を感じた本を選んでみてくださいね。

スポンサードリンク

スラスラ書ける書き出しのコツは?

小学生用の本はページ数も少なく内容も簡単ですが
2度読むことをオススメします。

なぜなら、1度読んでみて分かりずらかったことが
2度目で分かることも多いんです。

そうすると、内容がよく分かり
内容の変化にも気づきやすくなって
感想文も書きやすくなると思いますよ!

 

さて、本題に入りましょう。

書き出しのコツをいくつか挙げますね。
参考にしてみてください。

kaku

この本を読んだきっかけから始めてみる

タイトルに惹かれたり
表紙の絵が好きだったり
ぱらぱらめくった感じで何となくだったり
必ずきっかけがあるはずです。

 

主人公の紹介から始めてみる

本には必ず主人公がいます。
優しかったり、泣き虫だったり
主人公の名前だけではなく性格や特徴を挙げ
それについてどう思ったかが書けるといいですね。

 

本の紹介から始めてみる

全体を読んでみて
お子さんが読んだ本がどのような内容だったのかを
簡単にまとめてみます。
まとめた上でどう思ったのかを
書くといいでしょう。


おわりに

いかがでしたか?

お子さんにいいアドバイスができそうでしょうか?

ヒントを与えてあげられれば、
お子さんも嫌がることなく読書感想文を
書けると思いますよ。

 

実際私も娘にこの方法でやってみました。

本を読むことが好きではない娘でしたが
一緒に本を読むことで子どもなりの考えが分かって
なかなか楽しかったです。

実績ありますので、一度試してみる価値アリです!

残り少なくなった夏休み。

残った宿題を早めに済ませてお子さんと
思いっきり遊べるといいですね。

スポンサードリンク


コメントを残す