妊娠初期の症状はいつから?どうなるの?

この記事は約 3 分で読めます。

女性の体は、赤ちゃんができると、
それにともなって体に様々な変化が現れます。

妊娠中に現れる症状として有名なのが
「つわり」ですね。

 

その他にも、妊娠中に現れる症状には
個人差があり、多岐にわたっています。

この妊娠中の症状は、
妊娠初期の段階でも現れることがあります。

 

「妊娠初期症状」といわれる、
体がお母さんになるための
準備を始めたサインです。

 

しかし、妊娠初期症状は、
いつごろから現れるものなのでしょうか?

今回は、「妊娠初期症状」について
お伝えしていきたいと思います。

 

「もしかして?」と思っている方も、
そうでない方も、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

妊娠初期とは?どんな症状が出るの?

妊娠初期症状は、個人差があり、
症状が出やすい人と、
まったくでない人がいます。

ninshin1

これは、通常の生理前の症状の
重い・軽いに関係せず、
同じ人でも、1回目と2回目の妊娠で
異なったという方も多くいます。

 

また、通常の生理前の症状と
ほとんど同じような症状が出るため、
妊娠したことに気が付かないケースもあります。

≪妊娠初期症状≫

  • 胸が張る、痛くなる
  • 体がだるい、腰痛
  • 眠い、眠気がある
  • 腹痛、下腹部痛がある
  • 頭痛
  • 頻尿、下痢、便秘
  • 食欲の増加、食欲不振、味覚の変化
  • 肌荒れ、にきびなどの肌トラブル
  • 涙もろくなる
  • 基礎体温が高い状態が続く
  • 少量の出血がある

生理前の症状と大きく違うところは、
基礎体温が高い状態が続くことと、
少量の出血があるというところです。

 

通常、生理が始まって2週間程度は
基礎体温が低い「低温期」が続きます。

その後「排卵期」が来て排卵が起こり、
体温上昇作用のある黄体ホルモンが出始めると、
基礎体温が高い「高温期」となり、
2週間程度続きます。

 

この間に受精卵が着床しなければ、
黄体ホルモンの分泌量が減って、
基礎体温が下がります。

 

しかし、妊娠した場合は
黄体ホルモンが分泌され続けるため、
高温期が続きます。

高温期が3週間以上続いた場合は、
妊娠の可能性が高くなります。

 

また、受精卵が着床する際に出血する場合があり、
少量の出血が見られる場合があるのも、
妊娠初期症状の特徴の一つです。

 

出血の量や色は人によって様々ですが、
だいたい生理が終わるころ~おりもの程度の量の場合が多く、
長くても3日ほどで止まります。

もし4日以上続く場合は、
不正出血の可能性もありますので、
注意が必要です。

 

その他の症状での違いは、
「いつもより強い」と感じる場合や、
「いつもはないのに症状が出た」といった、
「普段とは異なる症状の現れ方」をした場合は、
妊娠初期症状の場合があります。

 

とはいえ、
「妊娠したかも」と思っていると、
いつもより過敏になってしまうのも事実。

あまり神経質にならないようにしましょう。

スポンサードリンク

妊娠初期の症状はいつから始まるの?

では、そんな妊娠初期症状は、
いつごろから現れるのでしょうか?

早い場合では、受精卵が着床した時から、
症状を感じる方もいます。

ninshin

「着床痛」といって、
受精卵が着床する際に、
下腹部に痛みを感じる場合があるのです。

この着床が起きるのは妊娠3週目

 

妊娠周期の数え方は、
生理開始日を妊娠0日とカウントしますので、

「最後の生理開始日から約3週間たったころ」、
「次の生理予定日の1週間前くらい」

と覚えておくとよいでしょう。

 

ただし、
この妊娠3週目ころに起こる症状は、
「妊娠超初期症状」といい、
かなり早い段階での症状になります。

 

一般的に「妊娠初期症状」が現れるのは、
妊娠5週目ころからが多い傾向にあります。

 

つまり、
「生理予定日を1週間過ぎたころ」です。

 

この時期になると、
大体の方が「もしかして?」と
思い始める時期です。

このころに妊娠初期症状がある場合には、
妊娠の可能性が高くなります。

 

妊娠検査薬も使えるようになりますので、
検査してみても良いでしょう。

 

妊娠6週目になると、
エコー検査で妊娠が確認できるようになります。

ここまでくれば、
本格的な妊娠生活の始まりとなります。

妊娠初期症状は人それぞれ

妊娠初期症状は、人によってその症状や
現れる時期に大きな違いがあります。

妊娠や出産は、
人それぞれ個人差があって当然なのです。

 

ご紹介してきたものは、
すべて「そういった傾向がある」
という程度のもの。

必ずしもその通りに妊娠初期症状が
起こるわけではありません。

 

また、精神的なストレスは、
妊娠中の体に大きく影響します。

あまり神経質になりすぎず、
なるべくゆったりとした気持ちでいることが大切です。

 

妊娠初期症状は参考程度にし、
もし普段と違っていて気になる場合は、
産婦人科を受診することをお勧めします。

スポンサードリンク


コメントを残す