ひな人形を飾る本当の意味って何ですか?

この記事は約 2 分で読めます。

ひな祭りは、五節句、

人日(1月7日)
上巳(3月3日)
端午(5月5日)
七夕(7月7日)
重陽(9月9日)

の一つです。

女の子の健やかな成長を願う行事ですね!

 

ひな祭りの始まりは、はっきりとはしていないようですが、
古代中国が起源であるという説があります。

 

ひな祭りは桃の節句とも言われますよね。

これはひな祭りの時期が
桃の開花時期に重なることからきています。

この他にも桃には邪気を払う効果がある
というところからもきているようです。

スポンサードリンク

ひな祭りといえば、ひな人形ですが、
昔は今のように○段飾りとかではなく、
流し雛が一般的だったようです。

流し雛は平安時代に始まりました。

 

流し雛にはお祓いの意味合いが強く
守り雛として、祀られていたようです。

もともとは水に流して、
身を清めるという民俗行事でした。

今でも全国各地で流し雛の行事が行われています。

 

 

江戸時代になってから、
今のようにお雛さまを飾る習慣になりました。

その後、ひな壇は二段、三段、五段、七段と増え、
豪華になっていきました。

hinadoll

ひな壇の最上段は、
内裏雛(だいりびな)です。

内裏雛は天皇、皇后を表わしています。

 

右側(向かって左側)が、
男雛、左側(向かって右側)が女雛です。

この並びは昭和天皇の時代以降で、
以前はその逆でした。

京都などでは昔のままの位置で、
今でも飾っています。

スポンサードリンク

二段目は三人官女(さんにんかんじょ)です。

内裏に仕える女官(にょかん)たちです。

 

三段目は五人囃子(ごにんばやし)で、
能のお囃子を奏でる人たちです。

謡(うたい)、笛(ふえ)、小鼓(こつづみ)、
大鼓(おおつづみ)、太鼓(たいこ)の五人組です。

 

四段目は随身(ずいしん、ずいじん)で、
一般には右大臣と左大臣と言われています。

 

五段目は仕丁(しちょう)、
または衛士(えじ)と呼ばれる三人組みです。

それぞれ、怒り顔、泣き顔、笑い顔の表情をしています。

 

ひな祭りでは、菱餅(ひしもち)や、ひなあられを食べて、
白酒、甘酒を飲みます。

菱餅の緑と白とピンクの色合いは
とても可愛らしくきれいですね。

ひなあられの大きさや形は、
地域によって違うようです。

 

また、ひな祭りのごちそうは、
色鮮やかなちらし寿司を食べ、
はまぐりのお吸い物を飲みます。

 

はまぐりは合わさった二枚の貝以外の貝は
絶対に合わないことから、
夫婦円満の意味も込められています。

 

ひな祭りが終わったら、
雛人形を早くしまわないと、
お嫁に行きそびれるという言い伝えがあります。

これはどうやら俗説のようです。

さらにいつまでも出しっぱなしにしておかないで、
きちんと雛人形を片づける、という
女の子のしつけの意味もあるようです。

スポンサードリンク


コメントを残す