敬老の日はいつから?元はとしよりの日だった?

この記事は約 2 分で読めます。

9月の第3月曜日は敬老の日ですね。

敬老の日とは、長い間、社会のために尽くしてきてくださった
高齢者の方々を敬い、ご長寿をお祝する日です。

また、若い世代が高齢者の福祉に関心を深めて、
よりよい高齢者の生活に向けて努力して欲しい、
という願いも込められています。

 

敬老の日の前後には、親族でのお祝いの他にも、
各地自治体や各施設などでも
高齢者をお祝いする会がいろいろ催されています。

スーパーや百貨店でも敬老の日にちなんで
セールやイベントが行われていますね。

 

高齢化がどんどん進むにつれ
イベント事も大きくなってきていると
感じるのは僕だけでしょうか?

 

僕もその内、敬老の日にお祝いされる立場になるので
ちょっと調べてみました^^

前は9月15日だったんですけどね。。。

スポンサードリンク

敬老の日はいつから?

敬老の日は、
「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」
ことを目的に1965年に法律で定められました。

これは、昭和23年に制定された祝日法の、
国民の祝日に関する法律が元になっています。

 

敬老の日は、2002年(平成14年)までは、
毎年9月15日と定められていました。

 

しかし、2001年(平成13年)の祝日法の改正によって、
ハッピーマンデー制度が導入されました。

 

これによって、2003年(平成15年)からは
9月の第3月曜日になりました。

 

偶然にも、初年度の2003年は9月15日が月曜日だったんですよ!

今年(2014年)もそうですけどね。

 

実際に敬老の日が9月15日以外の日にあたるようになったのは、
2004年(平成16年)以降です。

毎年、暦の上では3連休となったわけですね。

そして、9月15日から21日を「老人週間」と定められました。

スポンサードリンク

元は「としよりの日」だった?

keirou

敬老の日の始まりは、1947年(昭和22年)に、
兵庫県多可郡野間谷村の村長と助役が
「としよりの日」を提唱したのがきっかけです。

 

老人を大切に敬い、高齢者の知恵や力をお借りして、
村作りをしていこう!という思いで作られたそうです。

農閑期で気候の良い9月15日を「としよりの日」と定め、
お祝していたようです。

 

この「としよりの日」は、
1950年(昭和25年)からは、
兵庫県全域へ広がり、
その後、全国各地へ広がっていきました。

 

1964年(昭和39年)に、
「としより」という表現は良くない
問題視されていたことから、
この年に「敬老の日」と改称されたようです。

その後、9月15日を敬老の日として制定し、
国民の休日になりました。

 

。。。で、今に至るという事です。

 

ところで、敬老の日のプレゼントって
何あげていますか?

いつも悩むんですが、
こんなのいいよ!と教えてくれた人がいましたので
参考にこちらの記事を読んでみてください!

敬老の日のプレゼント!喜ばれたのはこれ!

 

その他、敬老の日関連記事

スポンサードリンク


コメントを残す