節分の豆まきの由来は?鬼は内って何?!

この記事は約 2 分で読めます。

節分といえば、豆まきですが、
今日はこの豆まきの由来について
詳しくお話しましょう!

また、地方によって鬼の扱いが違う!という
興味深いお話についても解説します!

スポンサードリンク

節分の豆まきの由来は?

豆まきが始まった由来は、
平安時代宮廷行事「大晦日の夜の追儺(ついな)の行事」
といわれています。

setsubun

これは、方相氏(ほうそうし)と呼ばれる、
頭に角の生えた熊皮を着け、
黄金の四つ目のの仮面をかぶって

右手に戈(ほこ)、左手に楯(たて)を持った者が、
大きな掛け声を掛けて戈で楯を打つと、
群民が悪鬼、疫鬼を追い払う、という行事だったようです。

 

それが、平安末期から鎌倉・室町時代になると、
逆に、方相氏が鬼として追い払われる、
という逆転現象が起きます。

 

この行事が、寺院で行われる一年で最初の法会である
修正会(しゅしょうえ)に取り入れられるようになり、
室町時代以降になると「節分鬼やらい」として広まっていき、
現在の節分の豆まきにつながってきたと考えられています。

スポンサードリンク

地域別鬼の扱い方?

鬼の扱いは、地域によって様々です。

「鬼は外」「福はうち」という掛け声で豆をまいて鬼を追い払う、
鬼を悪いものとみなすところもあれば、

 

鬼をいいものとしてみなして、
「鬼はうち」「悪魔外」、「福はうち」「鬼もうち」
という掛け声で豆をまくところもあるそうです。

 

ところで、なぜ、鬼を追い払うのに「豆」をまくのでしょうか。

それは、鬼が嫌いなもの、怖がるものだからです。

 

鬼は、豆が目玉に当たって潰れるのが怖いので、
豆のはぜる音が大嫌い。

なので、煎った豆をまいているのです。

 

他に、鬼が嫌いなものとして「目」があります。

たくさんの目でにらまれるのが怖い、
ということで、もともと鬼退治役であった方相氏は四つ目でしたし、

 

「目が多い」、すき間が目に見えて鬼が怖がって近づかない
ということで、竹で編んだカゴを、長い棒の先に引っ掛けて飾る
地域もあります。

 

また、臭い匂いが苦手な鬼が近づけないように、
焼いたイワシの頭をヒイラギの枝に刺して
玄関に飾る地域もあります。

 

そういえば、子供の頃、僕のうちでは「掃除が楽だから」と、
キャンディーや殻付き落花生をまいていました。

また、昨年行った近所の神社の節分会では、
煎り大豆の他にも、袋に入ったスナック菓子などを
投げていました。

 

でも、よく考えると、スナック菓子やキャンディーでは、
かえって鬼を呼びよせているような気もしますよね^^

スポンサードリンク


コメントを残す