新居浜太鼓祭り2015の日程と見どころ!けんか祭りの所以とは

この記事は約 4 分で読めます。

四国の三大祭りの一つといわれる「新居浜太鼓祭り」

毎年10月に開催されるこの祭りは、多くの人で賑わいます。

そして、けんか祭りと呼ばれるほど
激しいお祭りとして有名です。

この新居浜太鼓祭りの、
2015年の日程はいつなのでしょうか?

見どころと一緒にお伝えします!

スポンサードリンク

新居浜太鼓祭りって?見どころは?

徳島の阿波踊り、高知のよさこい祭りと並んで
四国三大祭りの一つとしてあげられる、
愛媛の「新居浜太鼓祭り」

 

このお祭りは、起源ははっきりとはしていませんが、
その歴史は古く、鎌倉時代に始まったといわれています。

fes1

もともとは豊作を祝うお祭りで、
今もその目的は変わっていません。

しかし、時代が移るにつれ、祭りの中心は、
山車に乗せられた太鼓へと移っていきました。

 

明治以降は、新居浜周辺に工場などができ、
街は発展していきました。

街が豊かになっていくに従い、
各地域ごとに山車と太鼓を絢爛豪華にし、
より巨大なものを制作するなど、
どんどん競い合うようになっていったのです。

スポンサードリンク

現在では、その山車の大きさは、
山車だけで6メートルあり、
そこに巨大な太鼓を乗せるため、重さは約3トン。

動かすためのかき棒を含めれば、
全長12メートルもある、非常に巨大な山車です。

 

山車を動かすのは、
「かき夫」と呼ばれる150人もの男たち。

 

さらにかき棒の上に4人の指揮者が乗り、
その人たちの指示のもと巨大な山車が街を練り歩きます。

男たちの威勢のいい掛け声とともに、
巨大な山車が移動する様は、まさに圧巻の一言に尽きます。

 

そして、神様へ見せるように「さしあげる」ために、
男たちの力だけで山車を高々と持ち上げる
「かきくらべ」は、まさにこの祭りの見どころ。

人間の力だけでこんなにも高々と山車が上がるのか、と、感動すること間違いなしです。

 

新居浜太鼓祭り2015年の日程とアクセス方法

毎年多くの人で賑わう新居浜太鼓祭りですが、
2015年の日程は以下の通りです。

fes2

≪日程≫

10月16日  8:30~20:30

10月17日  9:45~20:30

10月18日  9:00~18:00

場所  愛媛県新居浜市内の各所

主な開催場所の予定地

一宮神社・内宮神社・浦渡神社・萩岡神社・白山神社・八幡神社

一宮の杜ミュージアム・国領川河川敷・多喜浜駅前・新高橋南・国領川緑地 他

その他小学校グラウンドや、スーパーの駐車場などでも開催予定があります。

 

≪アクセス方法≫

混雑が予想されるため、公共交通機関でのアクセスをお勧めします。

JRの場合は、新幹線で「岡山」をめざし、
そこから瀬戸大橋線を経由して予讃線に乗り換え、
「新居浜駅」で下車します。

 

大阪・神戸方面からは、
フェリーも運行されています。

 

時間は8時間とかかりますが、
ゆったりと旅を楽しみたい方にはお勧めです。

 

車でのアクセスの場合は、高速道路の利用が便利です。

九州方面 ・・・広島県尾道市「西瀬戸自動車道」経由で、愛媛県今治市へ向かい、「今治小松自動車道」を経由して「松山自動車道」に入り、新居浜ICで下車します。

岡山方面 ・・・岡山市から「瀬戸中央自動車道」を経由して「松山自動車道」に入り、新居浜ICで下車します。

大阪方面 ・・・兵庫県明石市から「神戸淡路鳴門自動車道」を経由して「松山自動車道」に入り、新居浜ICで下車します。

 

駐車場は、例年新居浜駅近くの
「新居浜市農協経済センター JAグリーンにいはま」にて、臨時で解放されます。

 

新居浜駅からはシャトルバスも運行されます。

 

新居浜太鼓祭り!もう一つの見どころ!けんか祭りの所以とは?

新居浜太鼓祭りの見どころと言えばもう一つあります。

それは地区同士の鉢合わせです。

 

少し荒っぽいですが、盛り上げるためのパフォーマンスとして、
お互いの太鼓と太鼓をぶつけ合い、
牽制し合う様は非常に見ごたえがあります。

 

とはいえ、
激しいぶつかり合いと煽り合いの中で、
ケンカに発展してしまうことも少なくなく、
警備隊や逮捕者などが出ることもあります。

 

そのため、「けんか祭り」と呼ばれることも多いお祭りです。

fes3

 

男たちの荒っぽい姿に、
ピリピリとした緊張感が見る側にも伝わってきます。

ケンカにまで行ってしまうのは行きすぎですが、
なんとかルールの中で太鼓のぶつかり合いができないかと、
行政の中でも話し合われているようです。

 

巨大な山車同士がぶつかり合う様は、迫力満点で、
非常に見ごたえがあるだけに、
ルールの下で行われるようになってほしいところですね。

ぶつけ合いのけんかは、非常に激しいものになるため、
巻き込まれないように常に危険を回避できるようにしておくことも大切です。

 

山車の巨大さと豪華さ、
そして男たちの熱気を感じるには近くで見るのが一番!

・・・なのですが、巻き込まれたら大変です。

 

近くで見る際には、
多少の危険があることも承知しておきましょう。



おわりに

男たちの熱気と、迫力満点の山車が動く「新居浜太鼓祭り」

毎年訪れる人も多い、非常に人気のお祭りです。

 

今年も非常に多くの人が訪れることが予想されるため、
家族や友人と行く際は、はぐれた時にも大丈夫なように、
待ち合わせ場所を決めておくなど、
事前の打ち合わせをしっかりとしておきましょう。

 

特に小さなお子さんにとっては、
一歩間違えれば非常に危険な祭りでもあるため、
無理はしないようにしましょう。

せっかくのお祭りに、
けがなどしないように十分注意しましょう。

四国三大祭りの一つである
このお祭りは、一見の価値ありです。

 

ぜひ楽しんでくださいね!

スポンサードリンク


コメントを残す