2016年のお盆休みの期間はいつからいつまで?地域で違うのはなぜ?

この記事は約 3 分で読めます。

そろそろ、お盆休みの期間って気になり初めましたか?

長ければちょっとした旅行にも行けますし、短いならそれなりに考えるし・・・と早めにお盆休みは把握しておきたいですね!

 

では2016年のお盆休みの期間についてみてみましょう!

それから、遊ぶばかりではなく、本当のお盆の過ごし方についても解説してます。

スポンサードリンク

2016年のお盆休みはいつからいつまで?

通常ですとお盆休みは8月13日~16日の4日間が一般的です。

カレンダーで見ますと、8月13日が土曜日なので、そこから4日間という会社も多いでしょう!

 

ところが!朗報です^^

今年2016年は8月に新しい祝日が出来ます!

 

それは「山の日」です!

山の日は8月11日(木)がお休みになります。

 

ということは・・・会社によっては、金曜日も休みにして
8月11日~8月16日までの6連休!というところもあるでしょうね。

 

6日休めれば、旅行にも十分旅行にも行けますね!

でも、カレンダー通りで連休にならない、銀行や役所関連の方はお気の毒ですけどね。

 

中には福利厚生とかにチカラを入れている会社なんかは、8月6日(土)から8月16日(火)までの11連休にするところもあるようです。

そんなに休み貰えたら、海外旅行なんかもいけちゃいますね!

そんな会社に勤めたいわ~(笑)

 

ところで一般的には、お盆の期間って8月ですが、都市部では7月ってところもあるって知ってました?

 

この下からは、日本人なら知っておきたいお盆についての豆知識です。

スポンサードリンク

お盆は地域によってズレがある?

お盆は都市部と地方では1ヵ月のずれがあります。

 

都市部では7月13日~16日、
地方では8月13日~16日に行われるのが一般的です。

 

地方が1ヵ月遅れなのは、
お盆に人が集まる為と 言われています。

 

確かに7月ですと、まだ子供たちは、
夏休みに入っていません^^

 

農家では、一番忙しい時期でもあるから なんだそうですよ。

 

さて、お盆は7月にせよ8月にせよ
15日をはさんだ4日間ですが、
準備は1日から行います。

 

地域によっても違うようですが、
お盆の日程の一例をご紹介します。

お盆の日程

1日

7月1日を「釜蓋朔日(かまぶたついたち)」と呼び、
地獄の蓋が開いて精霊たちが戻ってくる時期が来たことを 表しています。

この日には、盆提灯を吊るし、お盆の準備を始めます。

 

7日

「7日盆」と呼んで、地域によっては盆入りするところもあります。

盆棚の飾り付けをしたり、お墓や仏壇を掃除したりします。

 

12日

「草市」「草の市」「花市」「盆市」などと呼ばれる、
お盆の支度に必要な物を売る露店が出ます。

最近では、花屋さんの店頭で売られる事が多いようです。

お供えや盆花、ろうそくなどを用意します。

スポンサードリンク

13日

仏壇より位牌(いはい)を精霊棚に移して、
お供え物をします。

お墓参りをし盆提灯に火を灯して帰ります。

門前なぢで迎え火を焚いて、先祖の霊を迎えます。

お盆の時期は、精霊棚に食事を供えます。

 

14~15日

灯明を絶やさないように、朝、昼、夜の食事は
家族と同じものを供えます。

親戚の家の盆棚にもお参りします。

 

16日

精霊は午前中まで家にいるとされますので
食事などをお供えします。

夕方に送り火を焚いて、先祖の霊を送り出します。

お供え物や舟を川に流す「精霊流し」「灯籠流し」を行います。



 

まとめ

僕が子供の頃は、こんな感じでお盆を厳かに迎えていました。

今は、お墓参りぐらいしか行ってませんが^^

 

そう言えば、お盆のお供え物に
「キュウリの馬」「ナスの牛」を飾る意味って知ってます?

nasu_kyuri

お盆に入るときは、「キュウリの馬」に乗って
先祖の霊が早くこの世につくように!

帰りは「ナスの牛」に乗ってゆっくりあの世へ帰ってね!
という、願いが込められているんだそうですよ。

 

もっとゆっくりな帰ってほしいなら、
イモを半分に切って「イモのカメ」なんてのはどうでしょう?

 

なんてね(^^ゞ

スポンサードリンク


コメントを残す