2016年のお彼岸はいつ?時期や食べ物はコレ!

この記事は約 2 分で読めます。

いまさらきけないお彼岸とは?

日本独特の習慣なのに、
実はあまりよくわかっていないかも。

期間は?何をするの?

お盆との違いはわかりますか?

お彼岸の意味からその風習、
食べ物について簡単にまとめました。

実は「誰にも聞けなかった」というあなたにオススメです!

スポンサードリンク

お彼岸いつ?何をするためのもの?

お彼岸は、春と秋との2回あります。

春分・秋分の日を中日(ちゅうにち)と数え
前後3日を合わせた7日間のことです。

ご先祖さまを供養し、
自然に感謝をする日本独自の仏教行事です。

 

ちなみに2016年は・・・

春のお彼岸

  • 3月17日(木)・・彼岸入り
  • 3月20日(日)・・彼岸の中日(春分の日)
  • 3月23日(水)・・彼岸明け

秋の彼岸

  • 9月19日(月)・・彼岸入り
  • 9月22日(木)・・彼岸中日(秋分の日)
  • 9月25日(日)・・彼岸明け

 

毎年カレンダーを見て気づいている人も多いのと思いますが、
春分・秋分の日が祝日のように
「いつ」と言う決まりはありません。

 

太陽が「春分点」「秋分点」に達した日が
春分・秋分の日になります。

毎年微妙に変わりますので、
あかじめいつか調べて準備をしましょう。

 

どうしてお彼岸に墓参りするの?

ohakamairi

私たちのいる現世、つまり此岸(しがん)は、
東にあると考えられています。

亡くなった方が行く場所、
彼岸は西方にあるとされています。

 

太陽が真東から真西に沈む春分の日と秋分の日は、
昼と夜の長さがほぼ同じとなります。

昼と夜の長さがほぼ同じになり、
あの世とこの世が一番近くなるタイミングで
墓参りをして、ご先祖様や故人と向き合うのです。

スポンサードリンク

 

お彼岸の定番の食べ物とは?いつ食べるの?

春彼岸は牡丹の花が咲く季節ということで、
「ぼたもち」と呼ばれているお菓子が
お供え物の定番の食べ物です。

 

ちなみに秋は萩の花にちなみ「おはぎ」です。

 

「ぼたもち」と「おはぎ」の違いは、
あんこの違いです。

あんの材料は小豆は秋に収穫されます。

とれたての小豆が使える秋は、皮ごと粒あんに使い、
春には固くなった小豆の皮を取りこしあんにしました。

ohagi_botamochi

「ぼたもち」はこしあん、
「おはぎ」は粒あんです。

 

また小豆はその赤い色が
古くから邪気を払う効果があると考えられており、
それが先祖の供養となったといわれています。

 

実際におはぎは、お彼岸の期間中
いったいいつ食べたらいいのでしょうか?

答えは、
お彼岸の中日である
春分・秋分の日です。

しかし、そうは言ってもおはぎは、
彼岸の入りからお供えしているご家庭が多いと思います。

そんな時は中日を待たずに、
痛む前に食べてOKです!




最後に豆知識!お盆とお彼岸の違いは?

お盆は先祖の霊を迎え供養し、
ふたたび送り出します。

「お盆」は、
霊をこちら側のの此岸に招き、

「お彼岸」は、
人が仏教を修めて彼岸へ近づくことです。

 

もっと簡単にいうと
お盆は、亡くなった方が家に帰る事で、
お彼岸は、子孫がお墓へ行ってお参りする事です。

 

お盆もお彼岸も先祖を大切に思う日本人の心です。

これかもこの行事を大切にしていきたいですね!

スポンサードリンク


コメントを残す