バレンタインデーの由来!本当の意味とは?

この記事は約 2 分で読めます。

2月14日は、ウキウキのバレンタインデーですね?

でもないかな? (; ̄ー ̄A

日本では、「女性が、好きな男性にチョコレートをプレゼントする日」
ということになっていますよね?

でもこれって、チョコレート業界の戦略じゃ~ん!ってのは、
みなさんご存じの上で、乗っかっちゃってますよね^^

まぁ、あそれはそれで置いといて~

 

ところで、バレンタインデーの本当の意味って知ってますか?

あんまり考えたことない?

 

じゃあ、この記事にたどり着いたのも何かの縁。

ちょっと見てってちょうだい!

スポンサードリンク

バレンタイデーの由来とは?本当の意味とは?

バレンタインデーには、
もともと、こんな由来がある日なのです…。

 

時は3世紀のローマ。

当時、ローマでは、皇帝クラウディウス2世が、
強兵策として兵士たちの結婚を禁止していました\(◎o◎)/!

 

これに反対した、バレンタインという名の司祭が、
皇帝の命令に背いて多くの兵士たちを結婚させました。

このことに怒った皇帝は、
バレンタイン司祭を殺してしまいます。

こうして殺されてしまったバレンタイン司祭の殉教の日
それが西暦270年2月14日でした。

 

そして司祭は「聖バレンタイン」として敬われるようになり、
2月14日は「バレンタインデー」となったのです。

 

ちょっと重いでしょう?

本当はウキウキして、チョコ作ってる場合じゃないんですよ!

 

スポンサードリンク

世界のバレンタインデーは?

日本だけでなく、世界各国でも
「バレンタインデー」はあります。

しかし、日本のように、
チョコレートをプレゼントする国はあまりないようです。

choco

ですよね~(; ̄ー ̄A

 

男性が恋人や奥さんに花などをプレゼントを贈るなど、
「女性から好きな男性へ…」というのとは異なり、
「恋人や夫婦がお互いを敬う日」といった意味合いの日
になっているようです。

 

日本で「バレンタインデー」とチョコレートが結びついたきっかけは、
お菓子メーカーのチョコレート販売促進のための
仕掛けにあったのはお話しした通り。

 

なんだか、こんな神聖な日に
チョコの販売促進を引っ掛けるのは
不謹慎な気もしますが…。

 

今では、それがすっかり世間一般に定着して、
いろんな意味合いのチョコレートが飛び交ってますね!

義理チョコとか?友チョコとか?

 

男性にとっては、もらえるかもらえないか、
ちょっと一日ソワソワする日ですよね^^

義理でもいいから・・・と思うのは、
自分だけでしょうか?

 

元々は、恋人や夫婦のための日である
「バレンタインデー」ですが、
職場などでは、いつもお世話になっている方々に

「義理チョコ」を配る日

みたいな感じにもなってますよね?

 

あげないとダメ!みたいな風習は、
かえってメイワクな感じもしますよね?

 

男性が多い職場だと、特に大変です。

 

まぁもらう方も、ホワイトデーのお返しが、
大変ですが(; ̄ー ̄A

 

何だか本来の意味合いから離れて、
「バレンタインデー」が、お中元・お歳暮に次ぐ
「カジュアルなご挨拶」の日、といった
趣を呈して来ているようにも思われてなりませんね。

 

まぁ反対ではないですけど(笑)

スポンサードリンク


コメントを残す