富岡製糸場が世界遺産登録!理由は?アクセスは特典付きの電車で!

この記事は約 3 分で読めます。

「富岡製糸場と絹生産遺産群」が、
2014年6月にも、ユネスコ世界文化遺産登録確実!
と言う事で盛り上がっていますね。

日本の世界遺産登録は、
富士山が登録されてから2年ぶりで
これで17つ目になります。

「富岡製糸場ってなんだっけ?」と言ったら、
小学校教諭の嫁に「教科書に載ってるでしょ!」
怒られましたが、すっかり遠い昔の事なので、
忘れてしまいました(^^ゞ

スンマセン先生(汗)

 

・・・ということで、 そんな僕のような方に、
富岡製糸場について、わかりやす~く解説します!

お得なアクセス方法についても調査しました!

どうぞどうぞ~

スポンサードリンク

富岡製糸場とは?

富岡中央PCより引用
富岡中央RCより引用

明治5年(1872年)に、群馬県(群馬県富岡市富岡1番地1)に
建てられた官営政府が経営)の製糸工場です。

日本で最初の官営の製糸場、というだけではなく、
当時としては世界最大級でした。

 

敷地面積は5.5ヘクタール
(ちなみに東京ドームはは4.7ヘクタール)

 

フランス人技師の、ポール・ブリュナが指導した建物は、
木の枠組みに、レンガを積み上げるという
「木骨レンガ造り」で 国の重要文化財に指定されています。

当時は、日本にはレンガがなかったので、
瓦職人を集めて、造らせたという事です。

日本産レンガの起源ですね!

 

建設費は、現在の価格で33億円と推定されています。

富岡製糸場では、 500人以上
多くの工女が働いていていました。

 

しかし当時、明治政府が募集を行った時には、
労働条件が良かったにも関わらず
なかなか応募がありませんでした

理由は「異人に生き血をしぼりとられる!」だったそうで、
応募してきた女性は、家族との永遠の別れを覚悟して
働きに来たのでしょうね?

まだ異国人が怖かった時代です^^

 

そこで、政府は各府県に人数を割り当てて、
士族の娘などを中心に工女を集めました。

 

富岡製糸場が、最盛期の昭和49年には、
年間におよそ370トンの生糸が生産されていましたが、
生糸値段が低迷したため、

昭和62年(1987年)3月に、
115年の操業を停止しています。

 

スポンサードリンク

世界遺産登録の理由は?

「西欧の技術を導入して、国内で養蚕・製糸技術を改良し、世界の絹産業の発展と消費の大衆化をもたらした普遍的な価値」(文化庁)

といった推薦理由が、認められ、勧告に条件などが付かず
「今回はパーフェクト!」と報道されていましたね。

 

理由としては大きく2つあります。

 

1つ目は、
「世界の絹産業発展や絹の大衆化に貢献した」 ということです。

富岡製糸場で、生産された高品質の生糸や養蚕技術は、
海外にも大きな影響を与え、
絹産業の発展に繋がったことが挙げられます。

 

2つ目は、
「主要な施設が創業当時のまま、ほぼ完全に残されている」

19世紀後半の工場が、ほぼ完全な形で残っているのは、
世界的にも例がないということです。

 

富岡製糸場へのアクセス

世界遺産登録のニュースが流れてからというもの
連日、見学客でごった返しているようです。

それでも一度は、訪れてみたいものですね。

 

自家用車で行く場合は?

上信越自動車道富岡インターチェンジで下車 各駐車場まで約10分(3㎞) 駐車場より徒歩約10分(500m)

 

※富岡製糸場は、車両の乗り入れができませんので、
近くの駐車場を利用します。

 

電車の場合は?

東京駅高崎駅(上越・長野新幹線) 約1時間

新宿駅高崎駅(湘南新宿ライン) 約2時間

高崎駅で上信電鉄に乗換え(約40分)上州富岡駅下車⇒徒歩

約15分(1㎞)

 

★お得で便利な乗車券!
上信電鉄で「富岡製糸場見学往復割引乗車券」を買うとお得です。

  • 高崎駅~上州富岡駅間1往復電車賃(1,580円)
  • 富岡製糸場見学料(500円)

がセットになって、 通常2,080円のところ、なんと!1,640円(小人は820円)で購入できます。  

★通常価格より440円お得な上に特典付きです!

  • 復路・復路それぞれ1回に途中下車ができる!
  • 乗車券は見学記念として持ち帰れる!

まぁなんてお得!

 

休日は、渋滞と駐車場待ちになりますから、
電車で行く事をオススメします!

スポンサードリンク


コメントを残す