車の運転が怖い!克服方法と体験談

この記事は約 2 分で読めます。

車の運転が大好きな方って、
たくさんいらっしゃいますよね?

趣味がドライブという方は、
運転自体を楽しみます。

知らない道を運転するのが楽しい!

地図を見ながらどの道を走ろうか、
と考えるだけでワクワクする方もいるでしょう。

 

でも、運転免許は取得したものの、
運転の度に緊張してしまう。

できれば運転したくない!
という方も意外と多いですね?

 

あなたはどうですか?

今回は、運転が苦手・・・を通り越して、怖いという方は、

一体、何が怖いのか?
克服方法はあるのか?

をちょっと調べてみました。

スポンサードリンク

なぜ車の運転が怖いのでしょうか?

車の運転が怖い、という方の原因を探ってみました。

  1. 怖い思いをしたことがある
    自転車が急に飛び出してきて、轢きそうになった。
    実際に事故を経験したことがある。
  2. 極度に緊張してしまう
    混んでいると車線変更や交差点でのタイミングがつかめない
    右折禁止などの道路標識を見落として大変な目にあった。
  3. 自分は方向音痴だ、運動神経がないと思っている
    1つ道を間違えるだけでパニックになる。
    何か飛び出してきそうですぐブレーキを踏んでしまう。
  4. そもそもスピードが怖い

 

あなたはどれかに当てはまりましたか?

運転が好きな人にとっては、大したことない話ですが、
車の運転が怖い本人にといってみれば深刻な悩みですよね?

スポンサードリンク

 

車の運転が怖かった人の克服方法!

以前は、車の運転を怖い!と思っていたが、
今ではそれを克服して、ストレスなく車を運転していると言う人もいます。

どうやって克服したのでしょう?

体験談を聞いてみましょう!

Õ0š0ê0ó0È0

 

  • 夜中・早朝に運転しよう!車通りの少ない時間帯に右折や車線変更などの運転感覚をつかんだ。
  • 広い駐車場でバック駐車の練習をした。駐車場が広いと店舗入り口から遠い場所は意外と空いている。
  • 怖さが薄れるまでは遠回りでも右折しない。追い越し車線はなるべく入らない。けして無理はしない。
  • 事前に道順を頭に入れておく。怖さが薄れるまでは、必要な運転に限定する。
    パニックにならないように地図やスマホで経路を確認しておく。

 



終わりに

drive1

いかがだったでしょうか?

車の運転が怖いと言う人は、
単純に運転に慣れていないと言う事も大いにあります。

怖いけど、運転しなくちゃならない状況の人は、
少し練習が必要ですね。

何事も慣れです。

運転の上手い友達に練習に付き合ってもらって教えてもらう
というのも手ですね。

車は使い方によっては、凶器にもなりますので、
車の運転に慣れたとしても「怖い」という感覚は、
無くさないでいきましょうね!

スポンサードリンク


コメントを残す