北陸新幹線!グランクラスの料金は?どんなサービスがある?

この記事は約 3 分で読めます。

日本の首相が世界に誇るほどの存在の新幹線ですが、
2011年3月5日、東北新幹線の東京~新青森間に、
新しい新幹線E5系「はやぶさ」がデビューしたのをご存知ですか?

この「E5系」は、普通車・グリーン車に加え、
さらに上のクラスとしてグランクラスを連結しています。

現在は「はやぶさ」・「はやて」・「やまびこ」・「なすの」の一部がE5系となり、
グランクラスが連結。

また、北陸新幹線「かがやき」・「はくたか」・「あさま」(E7系/W7系)
にもグランクラスを連結。

では、グランクラスとはどういうものなの?

そういう方にもわかりやすく、
グランクラスの料金やサービスについて紹介していきます!

スポンサードリンク

グランクラスの車内仕様って?

グランクラスは10両編成の10号車(新青森寄り先頭車)に、
またはE7/W7系12両編成の12号車(長野・金沢寄り先頭車)に連結しています。

 

1人掛け+2人掛けの3席が6列で定員はわずか18人だけ。

シートの前後の間隔は1,300mmで、
グリーン車:1,160mmとは違った空間が期待されます。

座席幅については、E5系520mmでグリーン車:475mmと、
これまたグリーン車よりもさらにゆとりがあるようですね。

座席を倒しても狭くならない”バックシェルタイプ”
リクライニング角度は45度まで。

快適性・機能性を追求し
有名メーカーとコラボしたんだそうですよ。

出典: http://jreast-shinkansen.com/granclass/
出典: http://jreast-shinkansen.com/granclass/

車内照明はLEDを採用。

天井は鉄道車両では珍しい間接照明のような設置で、
これまでにない落ち着いたいい雰囲気を演出しています。

スポンサードリンク

 

グランクラスの食事は?

次に気になるのは、最高級列車の旅といえば
食事についてではないでしょうか?

どんなものなのか、
期待しちゃいますよね~。

 

なんと!
お客様のお好みの時間に和食・洋軽食
どちらかが選べるんですって!

出典:http://trendy.nikkeibp.co.jp/
出典:http://trendy.nikkeibp.co.jp/

しかもメニューの和軽食は、
上り・下りで違うメニューが楽しめ、
洋軽食はサンドイッチが中心の「春夏」・「秋冬」でわけた、
季節により内容が変わるものらしいんです!

素晴らしいじゃないですか!
日本のおもてなしの心を感じますね。

 

しかもドリンクについては、
10種類以上のソフトドリンクやビール・日本酒・ワインから
ウェルカムドリンクがサービス

そのあとも乗車中には、飲み物のオーダーが自由で、
事実上のフリードリンク状態なんですよね♪

 

気になるグランクラスの料金は?

tohokusinkansen

下記の価格は、
主な区間の「運賃+特急料金」の大人正規料金(通常期)の金額です。

■東京発着
東京~長野:15,910円
東京~富山:25,580円
東京~金沢:26,970円

■大宮発着
大宮~富山:25,150円
大宮~金沢:26,440円

■長野発着
長野~富山:17,890円
長野~金沢:19,750円

 

早朝便など特定の「はくたか」のグランクラスは、
専任アテンダントによるサービス(軽食・飲み物・アメニティなど)を除いた
【シートのみ】の営業となるようです。

 

グランクラス料金も車種や時間帯により違ってくるようなので、
JR西日本公式ホームページや
各種時刻表等で確認した方がいいですね。



 

グランクラスに乗ってみたい!

さて、ここまでグランクラスのことを知ってみると、
やはり乗ってみたくなりますよね。

ワンランク上のおもてなしがある新幹線なんですもの。

通常はアテンダントの女性が2名で接客をしてくれるのですが、
あたたかな布のおしぼりに始まり、
ウェルカムドリンク、美味しい食事。

また、空いたグラスなどにも気を配ってくれるというのですから、
飛行機のビジネスクラスさながらのサービスといってもいいですよね。

ちょっと足をのばしてリッチな電車の旅に出たくなった、春の一日です。

スポンサードリンク


コメントを残す