児童福祉法とは?子供にもわかりやすく!

この記事は約 2 分で読めます。

「児童福祉法」は、戦争が終わった、
昭和22年に作られた法律です。

戦争で親を亡くした子供や、
貧しい生活に苦しむ子供達を

保護し救済しようという法律です。

スポンサードリンク

 

さらに、次の日本を背負う子供たちに
健康でちゃんとした教育を受けさせ
りっぱな大人になるよう支援する法律です。

「すべて国民は、児童が心身ともに健やかに生まれ、且つ、育成されるよう努めなければならない」(第1条第1項)

「すべて児童は、ひとしくその生活を保障され、愛護されなければならない」(第1条第2項)

スポンサードリンク

戦後からずいぶんたった、現在では、
家庭の問題で、親と一緒に暮らせない子供たちへの
施設サービスや
障害を持った子供を助ける
支援サービスも行われています。

 

施設サービスには、

  • 児童養護施設
  • 乳児院
  • 母子生活支援施設

などがあります。

 

さらに、少子化や、
児童虐待といった問題を解決しようと、

「次世代育成支援対策推進法」
「児童虐待防止法」

という対策も行われようといています。

kodomo

「次世代育成支援対策推進法」とは、

301人以上の従業員がいる大きな会社は、
子供たちが健康で元気に大人になるような
取り組みを行うよう義務づけられた法律です。

 

「児童虐待防止法」とは、

悲しい事ですが、親に虐待を受ける子供が多くいます。

児童虐待防止法では、すべての子どもが
虐待を受けずに、健康で元気に成長できるよう
支援する法律です。



「児童福祉法」は、時代とともに
何度も改正が行われてきています。

「子供は日本の宝」という言葉がありましたが、
家庭の中だけではなく、隣近所みんなで見守って
育てていきたいものですね。

スポンサードリンク


コメントを残す