全身のかゆみは肝臓が原因のヤバイ病気かもしれない?

この記事は約 3 分で読めます。

全身がかゆくて仕方ない!

そんな症状に襲われたときに、
まず疑うのがじんましんなどの皮膚の病気ですよね。

しかし、かゆみの症状は、
なにも皮膚に異常があるときだけに起きるわけではありません。

 

全身のかゆみが症状として現れる原因には、
肝臓が深くかかわっていることがあるってご存知ですか?

 

今回は、肝臓から来るかゆみの症状についてお伝えいたします。

スポンサードリンク

ただのかゆみじゃない?!かゆみの原因の病気とは?

「かゆみ」とは、掻かずにはいられない
皮膚の不快感の事を指します。

このかゆみの感覚は痛覚の一種で、
痛みがごく弱い感覚で現れたものと考えられています。

 

かゆみを引き起こす病気には、
様々なものがあります。

pet_kayui

じんましんやアトピー性皮膚炎などの全身にかゆみが現れるものや、
手湿疹などの局部的に表れるもの。

 

これらは主に湿疹が出てくるのが特徴です。

 

しかし、肝臓を原因としたかゆみは、
湿疹が出ないのが特徴となっています。

 

このような、内臓疾患を原因としたかゆみの事を
「デルマドローム」といいます。

 

実は皮膚とは、
内臓の疾患を映す鏡のようなものなのです。

 

肝臓を原因としてかゆみの症状がある場合は、
以下のような病気の可能性があります。

  • 肝臓がん
  • 原発性胆汁性肝硬変
  • ウイルス性肝炎(B型肝炎)

では、これらの病気を詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク

かゆみを伴う肝臓の病気とは?

肝臓に異常がある場合、
症状として皮膚のかゆみを訴えることがあります。

かゆみを伴う肝臓の病気の症状を見ていきましょう。

body_kanzou_bad

【肝臓がん】
肝臓がんによるかゆみの場合は、まず黄疸が現れます。

肝臓は胆汁を作って、胆のうから十二指腸へと排出する役目を持っています。

しかし、肝機能が低下することによって、胆汁の流れが悪くなると、
白目や皮膚などが黄色っぽくなってしまいます。

 

黄疸があると、血中にビリルビンや胆汁酸といった物質が増加し、
皮膚の末梢神経に刺激を与えやすくなるために、
かゆみが生じると考えられています。

 

人によっては全身を掻き毟りたくなるような、
激しいかゆみに襲われることもあります。

しかし、掻けば掻くほどかゆみは増大するため、
決してかきむしらずに、
塗り薬や飲み薬などで治療することが必要です。

 

 

【原発性胆汁性肝硬変】

この病気は、肝臓内に胆汁が停滞してしまうことによっておこります。

なぜ胆汁が停滞してしまうのか、まだ原因が分かっておらず、
男性よりも圧倒的に女性が、
女性の中でも中高年以降の方がなりやすい病気です。

 

肝臓がんとは異なり、
黄疸が現れずに全身のかゆみを訴えます。

 

黄疸症状が出ない為、始めは肝臓の異常に気づかず、
数年後に黄疸が出てからやっと肝臓の異常に気が付くケースが多くあります。

薬を塗ってもかゆみが一向に収まらない場合には、
早めに肝臓の検査を受ける必要があります。

 

 

【ウイルス性肝炎(B型肝炎)】
B型肝炎の場合でも、かゆみを発症することがあります。

ウイルスによって肝臓の機能が低下することによって、
血液中に胆汁酸が増加し、末梢神経に刺激を与えることで、
かゆみを訴えるのではないかと考えられています。

 

B型肝炎の場合、予防接種時における
集団感染が疑われる人もいます。

 

予防接種によって感染が疑われる場合には、
国から補助金も支給されるため、心当たりがある場合は、
B型肝炎起訴に詳しい弁護士事務所も存在しているため、
相談してみるといいでしょう。

 

どの病気の場合も、かゆいからと掻き続けていると、
さらに症状は悪化してしまいます。

肝臓に限らず、かゆみを訴える病気はさまざまなものがるため、
我慢できないかゆみが続く場合は、早めに医師に相談することが大切です。



おわりに

全身のかゆみの原因として、それが皮膚にあるのか、
内臓にあるのか、自分では判断が付きにくいものですよね。

 

そんな時は、赤いぷつぷつとしたもの、白っぽいいぼや、
水疱などの湿疹があるかないかは、重要な目安になります。

 

湿疹がない場合、内臓に原因があることが多くあるからです。

 

特に肝臓に原因がある場合には、
黄疸といった症状が現れることがあります。

 

大切なのは、いつものかゆみだからと言って我慢せず、
はやめに医師の診察を受けることです。

 

かゆみの奥に、思ってもみない病気が
隠れていることもあります。

 

そして、かゆみを感じても決してかきむしらず、
塗り薬や飲み薬で対処するようにしましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す