クロネコメール便をコンビニで出す時の料金は?

この記事は約 2 分で読めます。

2015年3月31日をもって
「クロネコメール便」が廃止になります。

当然ですがコンビニでも取り扱いません。

4月からは「クロネコDM便」
「宅急便コンパクト」&「ネコポス」
というのが始まります。

取り合えず、3月いっぱいは、
コンビニでもクロネコメール便が使えますので
ご利用の方は、ご覧ください。

スポンサードリンク

クロネコメール便ってどんなものを送れるの?

信書(手紙、はがき、請求書、納品書など)
以外のカタログ雑誌です。

お客さんの郵便ポストに、
受領印不要で直接配達するサービスです。

mailbin

クロネコメール便をコンビニで出す時の料金は?

実はコンビニで出しても料金は同じです^^

大きさは、A4サイズ(角2封筒以内)まで
厚さによって料金が変わります。

 

  • 厚さ:1cmまで 82円(税込)
  • 厚さ:2cmまで164円(税込)

 

速達で送りたい場合は、
「クロネコメール便速達サービス」というのがあり、
プラス103円で翌日に届きます。

 

ただ距離によって
翌日に届かない地域もあるので要注意です。

  • 600km圏内は翌日
  • 600km圏以上は翌々日(離島・一部地域を除く)
スポンサードリンク

クロネコメール便を取り扱っているコンビニは?

クロネコメール便は、
以下のコンビニで取り扱っています。

ローソンは取り扱っていませんので
要注意です。

 

その他、店舗によっては、
扱っていない場合もあるようなのでご確認ください!

 

クロネコメール便取扱コンビニ一覧

conbi

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • サークルK
  • サンクス
  • デイリーヤマザキ
  • スリーエフ
  • ポプラ
  • セーブオン
  • ココストア
  • エブリワン
  • 生活彩家
  • ヤマザキスペシャルパートナーショップ
  • オダキューマート
  • スリーエイト
  • リトルスター
  • くらしハウス

しかし、せっかく低料金で
お手軽だったのに廃止とは残念です。

どうして廃止になってしまうのでしょうか?



終わりに・・・クロネコメール便が廃止になる理由とは?

クロネコメール便が廃止の理由は、
メール便で「信書」を送ると、
運送事業者だけではなく、
送った僕たちも罰せられてしまうからです。

 

実際に2006~2010年度では、
79件もの事情聴取、
3件の書類送検があったようです。

 

その前に「信書」って何?って話なんですが、
いわゆる「手紙」です。

(その他、はがき、請求書、納品書なども含みます)

 

本来、メール便で送っていいのは、
冊子や書類なんですが、
信書(手紙)との区別がつかず
知らぬ間に法律を犯してしまう危険があるので
廃止になるんだそうです。

残念ですが、仕方ないですね。

4月からは「クロネコメール便」に変わる
新しいサービスが始まるので、
そちらに期待です。

スポンサードリンク


コメントを残す