大人の車酔いの原因は?予防対策10のポイント!ウチはこうした!

この記事は約 4 分で読めます。

僕は田舎に住んでいるので自動車は欠かせません!
通勤や買い物など、どこでも車です。

休みの日なんかは、嫁とデートで ちょっと遠出して、
ドライブ♪なんてこともありますが・・・

困ったことに、 嫁がすごい車酔いなんです!

車が動き出した瞬間に具合が悪くなって
「ウっ」と言います。

car_kurumayoi

初めの頃は「ダイジョウブ?」なんて心配していましたが、
毎回毎回だとイラっとする時もあります(-_-メ)

 

このままだと夫婦間に亀裂が入りそうなので、
僕なりに色々調べたり、健康診断のついでに
お医者さんにも聞いてみましたのでシェアします!

 

大人になっても車酔いして困っているなら
是非、試してみてください。

スポンサードリンク

車酔い解消のツボも見つけましたよ!

参考になれば幸いです。

 

まずは、大人の車酔いの原因から
探ってみました~!

 

大人が車酔いするのはなぜ?

子供の頃は、三半器官が未発達で
自律神経がアンバランスを起こすから車酔いしやすい
と 言われますが、
成長すると徐々に慣れて解消していくのが普通です。

 

でもウチの嫁のように、
大人になっても車酔いする人もたくさんいます。

 

僕も免許を取るまでは車酔いしましたが、
自分で運転するようになってからは
よほどの事がない限り車酔いしなくなりました。

 

そこで、どうして車酔いするのか 嫁に聞いてみました。

嫁としても「どうしてだろう?」と
はっきりした原因は自覚していないようですが、
きっかけはあるようです。

 

次のような場合だそうです。

  • 車の臭いがイヤに感じた時
  • 急発進や急ブレーキで揺れた時
  • 車内で下や後ろの物を取ろうとした時
  • ナビを操作したりTVを観ている時
  • 街中で近くの建物を観ている時

だそうです。

 

いつも車酔いするので
必ずどれかは感じているようですが、
自分で運転する時はなんでもないようです。

何なんでしょうね?

 

そこで、先日、病院に行った時に
お医者さんに聞いてみました。

スポンサードリンク

 

大人の車酔いはストレス?

大人は子供に比べ、自動車にも慣れて
三半器官も発達しているのに なぜ車酔いするのか、
ちょっと不思議だったので
健康診断のついでに
お医者さんに聞いてみました。

 

先生曰く、大人になっても三半器官が弱い人もいますが、
大人の車酔いは主に「ストレス」なんだそうです。

 

子供の頃から車酔いする人は、
「自分は車に酔う」と長い間、刷り込まれているので、
不安(ストレス)になって
余計に酔ってしまう場合が、 多いようなんです。

 

いわゆる「思い込み」です。

嫁も「遠出=酔う」と、 思うと言っていました。

 

乗る前から自分で暗示をかけてますので、
車酔いしやすいのは、
当たり前のような気がします(^^ゞ

 

嫁に「じゃ思わないようにすれば?」と 軽く言ってみたら、
ちょっとカチンと来たみたいなので
それ以上は言わないようにしました(^^ゞ

 

先生の話では、子供の頃は大丈夫だったのに
「大人になってから車酔いするようになった」
と言う人もいるようです。

 

原因は身体の衰えによる「ストレス」なんだそうです。

疲れによるストレスもありますが、
特に目の衰えによるストレスが大きいようです。

 

車外の流れる景色や、太陽の光の刺激に、
気付かないうちに弱くなって、
ストレスを感じ車酔いするようです。

 

ではここで、 車酔いする前、
車酔いしてしまった後に、
多くの人が効果があったと言っている
予防対策10のポイントをお教えします!

 

効果のあるツボもご紹介!

 

車酔いの予防対策10のポイント!+ツボ

一般的に言われる効果のある予防対策方法です。

  1. 締め付けない服を着る
  2. 車の臭いを消臭する
  3. 前の日は十分に睡眠を取る
  4. 空腹で乗らない
  5. 満腹で乗らない
  6. 直後に食べない
  7. 揺れが少ないところに乗る
  8. 「酔わない!」と暗示をかける
  9. 会話を楽しむ
  10. 酔わないツボを刺激する

 

「10.の酔わないツボを刺激する」ですが、
いくつかありますので紹介します。

 

手首の3センチぐらい下に「内関(ナイカン)」という
自律神経の働きを整えるツボがあります。

ここを指で押してやると効果があるようです。

カー洋品店で「酔い止めバンド」と言うのがありますが
これも「内関(ナイカン)」を押す商品です。

 

手の親指と人差し指のまたのところに
「合谷(ごうこく)」というツボがあります。

ここは車酔いだけではなくて、
頭痛や肩コリ、歯痛にも効果があります。

 

足の第二指の爪のきわあたりに
「厲兌(れいだ)」というツボがあります。

ここも車酔いのほかに、
胃やみぞおち辺りのムカムカ感を和らげる効果があります。

是非、やってみてください。

 

ツボの探し方は、指で押してみて
周りに比べて痛いところです。

 

で、嫁は結局・・・



まとめ

どうですか?参考になりましたか?

車酔いするのも嫌ですが、
一緒に車に乗っている人に、
気を遣わせるのも 気が引けますよね?

困っているなら是非、お試しください!

 

きっと長距離ドライブも怖くなくなります。

drive

 

まぁ色々車酔いについて調べてみましたが、
長年、車酔いと付き合っていて
「車酔いをするのは仕方ない」と思いこんでいる嫁は、

僕のアドバイスなんか聞き入れちゃくれません(^^ゞ

(ちなみに仲が悪いわけではないですよ!)

 

じゃあ結局、ウチではどうしてるって?

二人で出掛けるときは、
もっぱら嫁が運転しています。

 

嫁が助手席に乗る場合は、
事前に薬を飲むか、寝ています(^^ゞ

 

では車酔いを解消して楽しいドライブを お楽しみください!

スポンサードリンク


コメントを残す