夏越の祓はいつ?茅の輪くぐりの作法は?水無月とは?

この記事は約 3 分で読めます。

今年の前半戦は、あまりいい事なかったな~と言う人は 「夏越の祓(なごしのおおはらえ)」に、行ってみてはどうですか?

ちなみに僕は、去年初めて行きました。 実は去年まで「夏越の祓」なんて 見たことも聞いたこともありませんでした。

 

日本には、まだまだ知らない伝統行事があるんだなと 改めて感心した次第でございまする^^

 

と言う、僕のような日本人の方に・・・

「夏越の祓(なごしのおおはらえ)」や、 関連行事の「茅の輪くぐり」 京都の「水無月」というお菓子について解説しましょう!

 

ではでは、お先にお進みくだされ!

スポンサードリンク

夏越の祓(なごしのはらえ)は、名越の祓とも書きます。

「大祓(おおはらえ)」、「水無月の祓」とも言われます。

「大祓」は、夏と冬に行われる無病息災を願う行事です。

 

冬は大晦日(12月31日)に行われる「年越しの祓」で、 1年間の穢れ(けがれ)を落とすものです。

これに対し夏越の祓は、丁度、中間の6月30日に行われ 半年間の罪や穢れを祓って清め、後半の無病息災を願います。

茅の輪(ちのわ)くぐりとは?

夏越の大祓の時には、各地の神社で「茅の輪くぐり」という 行事が行われます。

これは、茅(ち、かや)で作った大きな輪をくぐって穢れを落とし、 暑い夏を元気に過ごそう!と願います。

 

由来は、大昔、蘇民将来(そみんしょうらい)が、 一夜の宿を借りに来た、神様をもてなしたところ、 「疫病がはやったら、茅の輪を腰につけると移らない」と 教えられたといところから、来ています。

 

ちなみに「茅(ち、かや)」とは、 チガヤ、スゲ、ススキなどの背の高いよく目にする草の事です。

茅の茎には、水をはじく油分があるので、 昔の「かやぶき屋根」の材料として使われました。

スポンサードリンク

「茅の輪くぐり」のお作法は?

神社によっても多少違いはありますが、 「茅の輪くぐり」には、くぐり方のお作法がありますので 覚えておきましょう!

 

  1. 「水無月の夏越の祓する人は千歳の命のぶというなり」と唱えながらくぐります。
  2. 輪をくぐったら左方向に回って、次に右回り、また左回りと、3回、8の字を描くようにくぐり抜けます。
  3. さらにもう1回くぐって、神社に進みます。

 

気をつけるのは、輪をくぐる度に、手前で一礼することと、 左に回るときは「左足」から 右に回るときは「右足」から輪をくぐります。

これで千年、寿命が延びるそうですよ^^

地域によっては、夏越の祓(なごしのはらえ)に、 「形代」を使って祓い清めるところもあります。

ん?形代って?

 

「形代(かたしろ)」とは?

夏越の祓(なごしのはらえ)では、地域によって、 「形代(かたしろ)」を使った、祓が行われるところもあります。

形代は、人の身代わりになる人形(ひとがた)の事で、 神社に行くと紙の形代が配られます。

 

その形代に、自分の穢れ(けがれ)を移して、 神社に納めたり、川に流して、自分の代わりに祓い清めます。

 

形代に穢れを移す方法は? 自分の名前や年齢を人形に書いて、その人型で身体をなでたり 息を吹きかけて穢れを移します。

 

水無月とは?

夏越の祓(なごしのはらえ)の時に、 京都で食べられる和菓子の事です。

白いういろうの上に、甘く煮た小豆を載せたお菓子です。

暑さを払う氷に見立て三角形で 小豆は邪気を払うとされています。

スポンサードリンク
 

まとめ

どうです? 「夏越の祓(なごしのおおはらえ)」わかりました?

地域によっても、ちょっと違いはあるものの こんな伝統行事あるなんて、いい歳取るまで知りませんでした!

案外こう言うのって、日本好きの外国人の方が 知ってたりしますよね?

 

まだまだ、日本について知らないことがありそうです(^^ゞ

今年は、子供たちと一緒に行ってみるのはどうですか?

スポンサードリンク


1件のコメント

  • 角田鐵之助

    7月31日に地元の鷲宮神社に名越祭があるので出かけようと思います。
    元日には毎年参拝に行きますが夏越祓には行きませんでした。
    俳句の一つも授かれば幸いです。

コメントを残す