季節行事

父の日に花をプレゼント?花屋に聞いた人気ランキング!

「父の日に花ってか?!生きてるのに?」

と、思ったのは僕だけでしょうか(^^ゞ

 

先日、仕事で花屋さんに行ったときに
「父の日には花を贈りましょう!」という ポスターを見かけました。

母の日に、赤いカーネーションを贈るのは定番ですが
父の日に、花を贈るなんて、考えたこともありませんでした。

 

社長が、ちょうど暇そうだったので聞いたところ、
ここ最近、父の日に花を贈る人が増えているそうです。

 

花屋さんとしても、嬉しい悲鳴を上げているとか。

 

雑談方々、どんな花が人気があるのか聞いてきましたので
参考にしていただければと思います。

スポンサードリンク

「もっと花を贈るイベント増えれば、ウチも儲かるのにな~」 と、遠い目で社長は言っていました^^

 

「ねぇ社長、そもそも父の日って、昔からありましたっけ?」

chichinohi_present

 

父の日が始まったきっかけは?

アメリカのJ.B.ドットさんと言う人が、母親を亡くした後
自分たち6人の子供を男で一つで、育ててくれた
父親の為に教会で礼拝をしてもらったのが、
きっかけなんだそうです。

 

元々、母の日はあったのですが、
父の日もあるべきだということで
彼女が、牧師協会に頼んで実現されたようです。

 

1910年に初めての祝典が行なわれて、
1972年には正式なアメリカの記念日に制定されています。

 

その後、1980年代に「日本ファーザーズ・デイ委員会」が設立され
日本でも記念日として定着していきました。

 

ということで、父の日の歴史は、まだまだ浅いのです。

 

「ドットの親父が、ロクデナシだったら父の日は、なかったんだ!」
と社長は言っていました^^

 

そこへ丁度、社長の奥さんが、お茶を入れてきてくれたので
父の日には、どんな花が人気なのか聞いてみました。

 

父の日に贈る花!人気ランキング

母の日に贈る花と言えば「赤いカーネーション」が定番ですが
父の日には、どんな花が贈られているのでしょうか。

ねぇ奥さん?

「特に決まってるわけじゃないんだけどね・・・」

 

[icon image=”ranking1-5″] プリザーブドフラワー

どうせ贈るなら、少しでも長く楽しんでもらえる物を
ということで人気があるそうです。

水を与える必要もないので、
面倒くさがりのお父さんにはいいかも?

 

「花束やアレンジに比べて、ちょっと高いけどね。。。」

 

 

[icon image=”ranking1-4″] 蘭(ラン)

奥さんいわく、蘭は育てるのが難しいので、
頑固なお父さんのイメージにぴったり!ということです。

さらには「蘭=高級」な感じがしますので 花なんか、
入院した時しか、もらったことがない お父さんも、
喜んでくれるのでは?ということです^^

 

ちなみに社長は、
「胡蝶蘭が、たくさん売れたらいいのにな」
と言っていました。

 

 

[icon image=”ranking1-3″] ユリ

ユリの花言葉の中でも「威厳」は、 お父さんの代名詞みたいな、
ところがあるからでしょうか?

 

ちなみに奥さんは、ピンクの「スカシユリ」がお勧めだそうです。

花言葉は「子としての愛」なので、 「父の日に贈るにはぴったりでしょ!」
という事です。

 

花の形も気品や高級感もあるし、 香りもとてもいいのも、
オススメだそうです。

 

 

[icon image=”ranking1-2″] ひまわり

「ベスト・ファーザー イエローリボン賞」にちなんでか
黄色い花が人気があるようで、黄色いバラに次いで
ひまわりが人気急上昇だそうです。

 

バラは、恋人に贈るイメージを強く持っている人や
父親に花を贈るのが気恥ずかしい人でも
ひまわりは贈りやすい花のようですね。

 

 

[icon image=”ranking1-1″] バラ

J.B.ドットさんが、生前、父親が好きだった
バラを墓前に供えたという事で定番化してきてるようです。

ただ、花言葉を気にして、色に悩む人も多いそうです。

 

バラの色による人気ランキングはこんな感じです。

[colored_bg color=”light‐red” corner=”r”] 1位 黄色いバラ

1982年に「素敵なお父さん」に選ばれた著名人に贈られる
「ベスト・ファーザー イエローリボン賞」にちなんで
黄色い花を贈る人が多いようです。

ただ、花言葉が「嫉妬」なので、気にする人もいるようです。

 

2位 白いバラ

花言葉が「尊敬」なので、父親に贈るにはぴったりと言う人もいれば トッドさんが、亡くなったお父さんに供えた色なので 父親が健在の場合は、避けるという人もいるようです。

 

3位 赤いバラ

花言葉は「愛情」「情熱」で、 子どもを暑苦しいほどに愛してくれる父親像には、 ぴったりかもしれませんね。

母の日が赤いカーネーションなので、 父の日も合わせて、赤を選ぶと言う人も多いようです。 [/colored_bg]

奥さんは、色々迷っている人には、一色にしないで
「混ぜちゃったらどうですか?」と提案するそうです。

 

 

まとめ

いかがですか?

父の日に贈る花としては 「黄色いバラ」が一番人気のようですね。

季節的にも丁度、花屋さんに沢山並ぶ時期でもありますしね。

 

是非、今年の父の日には、花を贈りましょう!

 

なるべく奮発して^^

 

(社長、奥さん、宣伝しておきましたよ~^^)

 

chichinohi_katamomi

僕は、父の日に、贈りものをしたことがありません。

小さな子供の頃は、何か贈ったかもしれませんが、記憶にありません。

 

今年は、ちょっと照れくさいですが、 父の写真に、
白いバラを一本添えて、 好きだった「ジョニ黒」でも、
一緒に飲もうかと思います。

 

「親孝行したいときに親はなし」という言葉が、
今頃になって身に染みます。

 

僕は、もう父の歳を越えてしまいました。




スポンサードリンク

関連記事

  1. 五山の送り火の意味や起源は?全部見えるオススメスポットは?
  2. 節分の豆まきで年女・年男がまく意味って何?
  3. おみくじの順番!中吉って何番目にいいの?
  4. 2016年のお彼岸はいつ?時期や食べ物はコレ!
  5. 節分の豆まきの由来は?鬼は内って何?!
  6. 勤労感謝の日の意味や由来は?敗戦で名称が変わった?
  7. お歳暮ランキング!もらうと困る!迷惑な物は?
  8. 敬老の日!のしの表書きってどう書くの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ10

スポンサードリンク




PAGE TOP