東京スカイツリーの料金や予約は?アクセス方法は?駐車場はある?

この記事は約 3 分で読めます。

2012年5月22日に開業して、
休日にはまだまだ混雑している
人気スポット東京スカイツリー!

どうせ行くなら、なるべく待ち時間を減らして
時間を有効に使いたいですよね?

子供連れだと余計大変です!
すぐあきちゃいますからね~(^^ゞ

 

今日は、東京スカイツリーに行くための
予約方法や、料金、アクセス方法などの
基本情報をまとめてみました!

スポンサードリンク

東京スカイツリー営業時間やの料金はいくら?

東京スカイツリーの営業時間は
8:00~22:00年中無休です。

しかし混雑が予想される
お正月やクリスマスなどは
抽選や入場制限がありますので ご注意ください。

 

混雑時は、当日券は、まず購入できません。

 

料金は、大人2,570円/一人ですが、
当日券より事前予約(WEBチケット)の方が500円高いです!

日時指定事前購入代だそうです。

※料金表・・・http://www.tokyo-skytree.jp/reservation/pricelist.html

 

当日券は混み具合によって
何時間も並ぶ可能性がありますので
時間に余裕のない人は、事前に予約していった方がいいですね。

 

時間がもったいないので
僕なら予約していきます。

tokyo_skytree

インターネットでの予約方法

1.予約サイトでまず利用登録(無料)します。

「東京スカイツリーWebチケット」でインターネット予約します。

※サイトはコチラ⇒http://ticket.tokyo-skytree.jp/

 

2.支払方法はカードのみです。

クレジットカード決済になりますので、以下のいづれかのカードが必要です。
(当日購入時のカードを見せなくてはならない場合があるので行く人のカードで買いましょう)

  • TOBUカード
  • VISA
  • MASTER
  • JCB
  • Nicos
  • ダイナーズ
  • UFJ
  • UC

 

3.予約可能日

予約購入できるのは、行きたい日の
2ヵ月前の午前10:00からです。

受付の締切は3日前までです。

営業時間の8:00~20:30まで
30分刻みに指定できます。

 

4.購入可能枚数

1回に8人分のチケットが購入できます。

気をつけなければならないのは、
1グループ分のチケットが1度に発券されると いうことです。

 

8人を2つのグループに分けて 予約はできません。

 

入場する時は、予約者全員一緒でなければならないので
気をつけてください。

 

5.当日は?

スカイツリーに行く日は、以下のものが必要ですので
確認しておきましょう!

  • WEB決済で使ったクレジットカード
  • 「入場券購入確認メール」かマイページの「購入履歴画面」をプリントアウトしたもの

※携帯電話での画面確認も可能です。

スカイツリーに着いたら
4階のチケットカウンターに行って発券してもらいます。

 

予約した日時や人数の変更はできませんよ。

 

アクセス方法は?どうやって行くの?

東京スカイツリー所在地
東京都墨田区押上一丁目1番13号

できるだけ公共機関を使って行くのが
おススメです!

 

スカイツリーシャトルを使う

各駅から「とうきょうスカイツリー駅」までの
シャトルバスが出ています。

  • 羽田空港
  • 東京駅
  • 上野駅
  • 東京ディズニーリゾート
  • 志木駅
  • 朝霧台駅
  • 和光市駅

など。

 

電車を使う

押上(スカイツリー)駅まで行きます。

直結している電車は

  • 京成電鉄成田スカイアクセス線
  • 東京スカイツリーライン
  • 都営浅草線
  • 東京メトロ半蔵門線

 

駐車場はある?

東京スカイツリータウン駐車場があります。

その他、周辺にもいくつか駐車場がありますので ご確認ください。

 

休日は大変込み合いますので
公共機関を使っていく方がストレスもなく いいと思います。

 

どうしてもという場合は、予約できる駐車場もあるようです。

※軒先com⇒ https://parking.nokisaki.com/spot/p/13107

 

東京スカイツリーの周辺駐車場マップ

大きな地図で見る

 

東京スカイツリー周辺マップ

大きな地図で見る

東京スカイツリーのふたつの展望台

東京スカイツリーは標高634メートルで
ギネスにも載っている世界最標高のタワーです。

展望台は2つありますが
そんなにしょっちゅう行くものでもないので、
どうせ行くなら両方とも行きましょう!

 

第一展望台(標高350メートル) 「東京スカイツリー天望デッキ」

第2展望台(標高450メートル) 「東京スカイツリー天望回廊」

 

では、楽しい観光を!

スポンサードリンク


コメントを残す