旅行

北海道旅行のおすすめは?地元民が教える知らないと損する見どころ!


本当の北海道を知りたくないですか?

北海道旅行と言えば大抵は、
札幌、旭川、富良野が多いですね。

今は、トマムもよく出てるかな?

でも北海道民にしてみれば、 そこは、観光の為の街であって
作られたものです。

もしあなたが、本当の北海道を知りたいなら
道東へ来るべきです!

キッパリ^^

Sponsored Link

僕は、生まれは北海道の道東ですが、
札幌や横浜にも長く住んでいたので、
改めて道東の良さがわかりました。

 

今日は、地元民が教える知らないと損する見どころをお教えします。

 

是非、参考にして見てください。

 

北海道は大きく四つに分けられる!

一口に北海道と言っても、
東西南北に大きく広がっていますから行く場所によって、
気候も食べ物も、楽しみ方も違います。

 

いつも思いますが、めざましテレビで
全国の天気予報を見ると、
「北海道は雪!」とかひとくくりにされるのは、
どうも解せませんね。

 

多分、道産子はみんなそう思っています^^

 

なぜなら北海道は、大きく四つのエリアに分けられるからです!

hokkaidomap

[colored_box color=”light‐blue” corner=”r”]

「道央」・・・石狩、空知、後志

「道南」・・・渡島、檜山、胆振、日高

「道北」・・・上川、留萌、宗谷

「道東」・・・網走、十勝、釧路、根室 [/colored_box]

 

これは、それぞれの
振興局(元は支庁)があるエリアで分けています。

 

ここで疑問に思いませんか?

 

「道西は?」

なぜか「西」は、ありません。

北海道道庁がある札幌周辺を中心と考えるから
道西の代わりに「道央」と言っているんだと思います。

 

各エリアで、一般的に観光で行きそうなところは、

[colored_box color=”light‐red” corner=”r”]

「道央」・・・札幌市(ジンギスカン)、富良野市(ラベンダー)、小樽市(小樽運河)

「道南」・・・函館市(100万ドルの夜景)、登別市(温泉)

「道北」・・・旭川市(旭山動物園)、稚内市(日本最北端)

「道東」・・・網走市(網走監獄)、帯広市(豚丼)、釧路市(阿寒湖)、羅臼町(知床) [/colored_box]

でしょうかね?

 

それぞれ楽しみ方は違いますが、
初めて北海道に行くなら
やっぱり「北海道らしさ」が一番味わえる
「道東」エリアがオススメです!

 

道東がオススメなのはなぜ?

北海道に行く目的は、なんですか?

これぞ北海道!と感じられるのは、
やっぱり広大な大自然と美味しい食べ物でしょう!

そのすべてが揃っているのが「道東」なんです。

 

では、道東在住の僕がおすすめする道東の観光地を紹介しましょう!

道東のおすすめ観光地

裏摩周展望台(弟子屈町)

「霧の摩周湖」で有名な摩周湖は、
世界一の透明度を誇るカルデラ湖です。

霧で湖面が見えないことも多いですが、
カップルで見ると別れるなんていう都市伝説もあります^^

 

摩周湖は、観光地として有名ですが、
地元人のおすすめは「裏摩周」です。

uramashuu

中標津町から清里町の境目にある展望台です。

 

ちょうど摩周湖の展望台の反対側にあって
こちらの方が霧がかかっている頻度は少ないので
摩周湖の湖面が見られる可能性が高いと思います。

 

ちなみに裏摩周展望台は、駐車料金がかかりません。

摩周湖は410円かかりますが、 同じ駐車券で、
硫黄山の駐車場にも使えます。

 

硫黄山(弟子屈町)

摩周湖に行ったら、駐車料金がもったいないので
硫黄山にも行きましょう!

 

硫黄山は、硫黄の噴煙があちこちから
ゴウゴウ上がっているゴツゴツしたハゲ山です^^

 

昔は、中腹まで登って行けました。

 

昔、湯気が出ているところでは、
温泉卵を売っていました。

これがムチャ旨かったんですが、
今は落石があるらしく、眺めるだけです。

 

「温泉卵」はレストハウスでも買えるので
是非食べてみてください。

 

砂湯(弟子屈町)

硫黄山を観たら、ついでに砂湯に行ってみましょう!
硫黄山から車で10分ぐらいです。

 

屈斜路湖の湖畔の
砂を掘ると温泉が出てきます。

 

全身浸かっているいる人は、見た事はありませんが、
足湯してのんびりするのもいいもんです。

 

ここでは、「ピスタチオ・ソフトクリーム」
是非、食べてください!

 

濃厚でコクのあるソフトクリームが、すごく美味しくて
僕もたまにわざわざ食べに行くことがあります。

 

神の子池(弟子屈町)

裏摩周に行ったら必ず寄りましょう!

清里町方面に、ちょっと自動車を走らせると
左手に「神の子池」と書いた小さな看板がありますので、
そこを曲がって、山道を入っていきます。

 

駐車場からちょっと歩くと
湖面が青いとっても神秘的な池があります。

 

小さな青い水の池に倒木が何本も腐らずに残っていて
そこを小魚が泳いでいる様子は、 とても神秘的です。

kaminoko

いつか晴れた晩に湖面に写る月を撮ってみたいと思っていますが、
熊が出たら怖いので実行していません^^

 

開陽台(中標津町)

飛行場から車で20分ぐらいの小高い丘で
地平線がまっすぐ、ぐるっと330度見渡せます。

 

360度じゃなくて?

そうなんです^^

 

開陽台の後ろが30度分、山になっているので330度なのです。

 

晴れた日はかなり爽快です!
むしゃくしゃした時はたまに行きます。

星空も手が届きそうでとってもきれいですよ!

 

ちなみに中標津町には「330°」(ささんまる)という
焼き肉屋さんがあります。

僕は中標津で1番旨い焼き肉屋さんだと思います。

 

知床羅臼町(羅臼町)

世界自然遺産の知床は手つかずの自然が、
ゴロゴロしています^^

街中にはシカキタキツネが普通にいますし
オジロワシオオワシも飛んでいます。

 

外国からわざわざバードウォッチングに
来るほど野鳥の多い町でもあります。

 

ちなみに、シカやキタキツネは、
道東を車で走っていれば、必ずどこかで遭遇します^^

道路に飛び出てくる事があるので、
ぶつからないように気をつけましょう!

 

羅臼には知床の突端に行ける観光船や
クジラやシャチ、イルカが見られる クルージングもあって、
それを目的に くる人も多いです。

 

大自然と野生動物を観たいなら
羅臼は外せませんね?

スポンサードリンク

熊は?

「熊に会いたい!」と言う人がいますが
出会ったら笑いごとでは済みませんので
期待しない方がいいと思います。

地元民に行ったら「バカこくでねぇ!」 と怒られます^^

kuma

町に熊が出没することは、めったにありませんが、
出没したら大変危険なので、
町はその度、大騒ぎになります。

 

道東であれば羅臼に限らず、
どこにでも熊はいます。

 

羅臼は、「北の国から2002 遺言」
ロケ地としても有名です。

内田有紀演じる高村結がバイトしていた
コンビニ(あずまや)もありますし、
「トド」が生還した時に宴会をした「スナック再会」も健在です。
(撮影のシーンは、「いこい」です)

 

純が住んでいた番屋は、現在「純の番屋」として
食堂になっていて新鮮な海の幸が味わえます。

 

羅臼に行くなら、レンタルで借りて観てから行くと
十二分に楽しめると思います。

まとめ

道外からの旅行サイトなどを見ると、
道東へのツアーはあまり多くありませんね。

なぜかな?と思ったんです。

 

食べ物も美味しいし、 大自然の観光地もたくさんあります。

 

まさに都会の人がイメージする
北海道は道東にあるのに、 大抵は、
札幌や富良野、旭川に人気があります。

 

札幌や富良野、旭川が悪いと言っているわけではありません。

 

北海道の田舎に住んでいる人は、
札幌や富良野、旭川に旅行に行きます^^

 

なぜか?

都会で便利だからです。
田舎にはないものが、たくさんあります^^

そこは、北海道人が旅行に行くところです。

 

ですから都会に住んでいて、
北海道を味わいたいなら「道東」に来てください!

あ~北海道に来た!と、
とっても満足すると思います。

 

ただ、道東へ来る際に、いくつか注意しておいてほしい事
ありますので書いておきます。

 

[icon image=”check-b-g”]

1.道東は交通が不便!

地下鉄もありませんし、バスだって1時間に1本とかです。
もちろん電車もないところばかりです。

東京から直行の飛行場もありますが、
完全なツアーでない限りは、
レンタカーを借りる他ありません。

 

[icon image=”check-b-g”]

2.野生動物に気をつけろ!

都会ではないでしょうが、 道東では
野生の動物が、道に飛び出てくる
ことが多いので ちょっとデンジャラスです。

運悪くシカに激突!ということは
地元に住んでいる人でも、よくあることです。

保険は入っておいた方が、無難かもしれません。

 

[icon image=”check-b-g”]

3.夜道は慎重に運転せよ!

夜は街を外れると街灯がないところも沢山あります。

北海道仕様の自動車は、ライトが明るく遠くまで
照らすようになっていますが、ちょっと怖いかも?

 

夜道は、慎重に運転しましょう!

 

[icon image=”check-b-g”]

4.携帯は役立たず!

北海道らしい秘境に行くと当然ですが、
携帯は通じません。

道に迷わないように、十分な下調べは必要です。

今は、レンタカーにカーナビが付いているので
多分、大丈夫でしょうが、準備はしていった方がいいでしょう。

 

[icon image=”check-b-g”]

5.気温差に気をつけろ!

7月、8月うだるような暑い都会から
避暑感覚の方もいるでしょう。

それでも夏は、日中、結構暑い日も多いです。

「北海道なのに?!」と驚く人も多いですが
案外暑いです^^

北海道は基本的にクーラーはありませんから
暑さから逃げるために、地元の人は、
スーパーやパチンコ屋に逃げ込んだり
自動車で涼むという人もいます^^

 

ただ、逆に早朝や夜は、ぐっと寒くなる時があります。
10度台の時も珍しくありません。

 

必ず羽織るものは、1枚持ってきた方がいいです。

 

 

どうでしょうか? 参考になりましたか?

自然がいっぱいなので、 その分、
不便なところも沢山あります。

 

でも、それが北海道らしい北海道なのです!

 

ほんのちょっと勇気がいるかもしれませんが 大丈夫!
人間がたくさん住んでいます^^

 

北海道へ旅行するなら
是非、道東へチャレンジしてみてください!

 

あなたの起こしをお待ちしております!




スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 北陸新幹線の予約はいつからできる?確実に予約する方法は?
  2. 富岡製糸場が世界遺産登録!理由は?アクセスは特典付きの電車で!
  3. 東京スカイツリーの料金や予約は?アクセス方法は?駐車場はある?
  4. 北海道観光おすすめグルメは?道東魚介編!これは外せないでしょ!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ10

スポンサードリンク




PAGE TOP