軽減税率をわかりやすく言うと…メリットとデメリットは?

この記事は約 3 分で読めます。

消費税の増税に伴い、現在検討されている「軽減税率」の導入。

連日ワイドショーや新聞などで取り上げられていますが、
そもそも軽減税率って、一体どのようなものなのでしょうか?

導入されることによるメリット・デメリットは、
どういったことがあるのでしょうか?

 

今回は、軽減税率について、わかりやすく解説していきます。

スポンサードリンク

軽減税率って何?どんなものが対象になるの?

軽減税率とは、一体どんなものなのかというと、
一言でいってしまえば、
「標準の税率より低い税率のこと」です。

business_zei

例えば、100円の水を購入したとします。

 

現在の消費税8%の場合、

100円 + 消費税8% =108円

が実際に支払うお金になります。

 

これに軽減税率5%が導入された場合、

100円 + 軽減税率5% = 105円

というように、支払う金額の負担が少なくなるのです。

 

消費税が10%に引き上げられると、
100円の水が110円に値上げされてしまうため、
消費者への負担が増加してしまいます。

 

そこで、生活に必要なものは、
税金を低いまま据え置きましょう、
というのが、「軽減税率」というわけです。

 

この軽減税率を導入している国は、
イギリス、ドイツ、フランスなど、EU加盟国に多くあります。

 

税金の平均は20%と、かなり高く設定されていますが、
その分、生活必需品に関しては5%の税率と、
消費者の負担を軽くしています。

 

日本で軽減税率の導入が検討されているのは、
生活に必要なもの、だれでも購入するものなどです。

  • 外食を除く食料品
  • 衣服
  • 医療品
  • 住居

確かに、これらを増税されてしまうと、
家計に大打撃ですよね。

スポンサードリンク

軽減税率のメリットとデメリットとは?

今現在導入が検討されている軽減税率ですが、
メリットをデメリットは、
どういったことがあげられるのでしょうか?

zei_zeimusyo

≪メリット≫

・税負担の軽減を実感しやすい

税金が上がっても、
生活必需品は低い税率のままになるため、
税金負担の軽減を実感しやすくなるんですね。

 

・低所得者の生活に増税の影響が直撃しない

生活に必要なものに税金がかからなければ、
負担は大幅に減らすことができます。

≪デメリット≫

・生活必需品の線引きが難しい

生活必需品と言っても、生活スタイルによって、
必要かどうかは家庭によって異なりますよね。

 

仮に、お米は軽減税率の対象になるのに、
お菓子が対象外の場合、
同じくお米を使っているおせんべいや
米粉を使ったケーキなどは軽減されないのか?

 

外食が対象外だとしても、
社食や学食、給食といった公共性のあるものはどうなるのか?

 

・・・などなど、
その線引きは非常に難しいものがあります。

 

また、お肉が軽減税率が適用されるにしても、
低所所得者には縁のない、
国産高級和牛も軽減税率が適用されるのかというと、
それもなんだかおかしな話な気がします。

 

・生活必需品以外の税率がより高くなる可能性がある

生活必需品を増税対象外にすることで、
税収は大幅に減ってしまいます。

 

結果的に、生活必需品以外の税率を
より高くしなければいけないことに
なってしまう可能性もあります。

 

・税率が異なると事務負担が増える

取り扱っている商品ごとに税率が異なると、
お店などの事務負担が増えることになってしまいます。

 

レジ作業にしても、

「白菜3%、お米3%、お酒10%、お菓子10%、お肉3%、
あ、違った、高級和牛だから10%・・・
ここからセールとして5%OFF・・・でもお酒は除いて・・・」

 

あー!ややこしい!

 

買う側にとっても売る側にとっても、
ややこしいことこの上ないですね。

 

消費者にしてみれば、
少しでも安く買いたいと思うのは当然のこと。

 

しかし、買い物中に「あれは対象内、これは対象外」と、
すべてを覚えておくのはちょっと無理があります。

 

・低所得者対策としては非効率

生活必需品を買うのは、
何も低所得者だけではなく、
国民全員が購入するものです。

 

「増税されても別に家計は痛くないよ」
という家庭も負担が減るわけですから、
生活が苦しい家庭への対策としては不十分です。

 

さらには、より多く商品を買った方がお得になるので、
消費金額の多い層の方が、
得することになってしまうという、
なんとも穴だらけな対策でもあるのです。

 

こうしてみてみると、
デメリットの方が多い軽減税率。

 

検討中とはいえ、
首をかしげたくなるようなことが多くあります。

 

消費税10%への引き上げが決まっているだけに、
早急によりよい対策をお願いしたいところですね。



おわりに

今回の軽減税率もそうですが、国の税金関係って、
わかりにくいものが多い気がするのは気のせいでしょうか?

 

メリットやデメリットが分かりにくかったり、
私たちの暮らしにどう影響するのかが、
不透明だったりしますよね?

 

税金は、「わかりやすく」、「公平に」、「払いやすく」を
大切にしてほしいところ。

 

消費税増税前に、
しっかりした負担軽減の対策を行ってほしいですね。

スポンサードリンク


コメントを残す