股関節を簡単ストレッチで柔らかくする方法!

この記事は約 3 分で読めます。

あぐらをかいて座った際に、
太ももが床につかない!
という方、いませんか?

それ、股関節が硬くなっているんです。

股関節が硬いと、O脚やX脚などの原因になったり、
骨盤がゆがんで腰痛の原因にもなってしまいます。

そこで今回は、股関節を柔らかくするストレッチをご紹介します!

スポンサードリンク

股関節が柔らかいとどんなメリットがあるの?

まずは、股関節が柔らかくなることには、
どんなメリットがあるのかを知っておきましょう。

体に柔軟性があるということは、
筋肉・腱などが良く伸びることを言います。

 

この筋肉や腱は、使わないでいると
どんどん硬くなり、伸びにくくなってしまいます。

普段の生活にストレッチを取り入れて、
股関節を柔らかく保ちましょう。

スポンサードリンク

股関節ストレッチによるメリット

血流がよくなり、基礎代謝がアップ

体が柔らかいと、血流がよく、
老廃物の排出をしやすくなります。

さらには、体の隅々まで血液を通し、
酸素や栄養素を届ける効果が高くなります。

手足の血流も良くなるので、
冷え性やむくみの改善も期待できます。

 

疲労が蓄積しにくい

ストレッチによって体を伸ばすと血流がよくなり、
疲労物質が排出されやすくなります。

股関節が柔らかいことによって、
特に腰や足回りの疲労が改善しやすくなります。

 

肩こり・腰痛の改善

血行が良くなるということは、
疲労物質が排出されやすいほか、
筋肉の伸びも良くするので、
関節の負担を減らします。

特に腰痛は骨盤のゆがみからきている場合もありますので、
股関節を柔らかくして骨盤のゆがみを正すことで、
腰痛の改善につながります。

 

けがの予防につながる

筋肉が凝り固まっていると、
それだけケガをしやすくなってしまいます。

股関節周りの筋肉は、
歩く・座るといった日常的な動作に多くかかわっています。

筋肉が硬いまま放置していると、
ひどい場合は、ちょっとした動作でも
痛みを感じるようになってしまいます。

股関節のストレッチを行うことで、
ちょっとしたケガを予防することにつながります。

 

リラックス効果

ストレッチをして体が温まると、
リラックス効果が得られます。

体の緊張だけでなく、
心の疲れもほぐす効果があるといわれています。

 

女性ホルモンアップを整える

股関節の柔軟性を高めると、
女性ホルモンのバランスが整いやすくなります。

骨盤は、女性生殖器が多く集まる場所で、
子宮・卵巣などの大切な部分があります。

生理不順や生理痛のひどい方は、
股関節のストレッチを行うと、症状の改善が期待できます。

股関節を柔らかく!簡単ストレッチ

ストレッチは、毎日行うことが大切です。

特に、お風呂上りなどの体が温まっているときに行うと、
より筋肉をほぐしやすくなります。

簡単にできて、柔軟性が高いものをご紹介します。

e94527512fcc9573f985d974d5020d56_s

 

 

【股関節・太もも、背中・腰を柔らかくするストレッチ】

  1. 床にひざを立てて三角座りします。
  2. そのまま膝を開きます。
  3. つま先を両手で持って、息をゆっくり吐きながら体を前に倒します。
  4. 無理はせず、気持ちがいいと感じるところまで体を倒し、10秒キープします。
  5. 息を吸いながら、ゆっくりと体を起こします。

これをゆっくりと数回繰り返しましょう。

体を倒す時に、頭を床にくっつけようとするのではなく、
背中を丸めないように、
おへそを床に付けるようなイメージで行いましょう。

 

【バレリーナストレッチ】

  1. 腰の高さくらいのバーや手すりなどに片方の足をかけます。
  2. もう片方の膝を曲げて腰を落とします。
  3. 股関節の伸びを感じながら30秒数えます。

これを両方行います。

きつく感じる方は、
バーの高さを低めにするといいでしょう。

 

【開脚前屈】

  1. 無理のない範囲で足を開いて、床に座ります。
  2. 足首を上に向けて膝が曲がらないように上半身を前に倒し、10秒キープします。

できるだけ胸から倒れるように、上体を前に倒しましょう。

 

【股関節の前部分のストレッチ】

  1. 床にあおむけに寝ます。
  2. 片方の足を抱え込むようにおなかに近づけ、30秒キープし、元に戻します。
  3. 反対側も同じように行います。

 

【腰落としストレッチ】

  1. 両足を肩幅より広く開き、つま先を外に向けます。
  2. 膝が90度になるくらいまで、腰をゆっくりと落とし、10秒キープします。これを5セット繰り返します。
  3. 1・2の状態で、体の重心を片足側へと移動させ、10秒キープします。左右行い、これも5セットを目標に行いましょう。きつく感じる方は、慣れるまでは椅子に座って行ってもOKです。

 

いずれのストレッチも無理は禁物です。

気持ちよく伸びているところまで伸ばせれば十分なので、
痛みを感じるところまでは行わないようにしましょう。



毎日続けて柔らかい股関節を手に入れよう!

ストレッチを行うことで、
心身共にすっきりとすることができます。

 

特に女性は、
股関節周りのストレッチを行うことで、
生理痛の改善なども期待できます。

骨盤のゆがみも改善されるため、
妊娠中から産後の方にもお勧めです。

 

ぜひ毎日の習慣として、
生活の中に取り入れましょう。

 

始めは体が硬くても、
続けることによって徐々に柔らかくなっていきます。

昔から体が硬い、
という方でも大丈夫。

股関節のストレッチ、
ぜひ行ってみてくださいね。

スポンサードリンク


コメントを残す